kigi's Book Diary

本の感想ブログ

◆「ゼロの蜜月」高木彬光

「ゼロの蜜月」(高木彬光)アップ。
新しい作家さんは4人続けて挫折したので、
安心して読める再読に戻りました。
でも新装版だから私だけが再読してるわけではないのよね。
って、この作品は初読なんだけど(^^;)

高木彬光だけど、ちょっとメロドラマ風の作品です。
そういえば「ゼロの焦点」も夫が失踪する話だけど、
なにか連想があったのかな?
読む方はどうしても関連を考えますが。
 
 


実は霧島三郎シリーズはあまり読んでない。
たぶん1~2作。
この作品も記憶にないから、はじめて読むのだと思う。

ストーリーは新婚の夫には隠された過去があったという、過去探し。
結婚式の夜、新婚の夫が突然電話で呼び出され、出かけたまま帰らなかった。
そして翌日、彼は死体になって発見される。

いつも書いてますが、過去の謎を探すのは好きなパターン。
ただ、この夫にはきちんとした職業があり兄弟も友達もいる。
謎はあるけど暗黒的なものではなく、言ってみれば社会派。
そこは霧島シリーズです。

けっこう長い作品ですが、殺された夫の生前の謎めいた行動や、
よりによってなぜ新婚の夜に犯行が行われたのか?、など、
興味を引く謎がバランスがよく配置されているので一気に読めました。
最後の解決は唐突な感じもありますけど、サスペンスと考えれば盛り上がるところかもしれませんね。

あとがきによると、これは作者が「新本格」に挑戦した作品だそうです。
「新本格」という用語は60年代の初め笹沢左保が提唱したもので、
当時は現在とは違う意味で使われていたらしい。
そんな前から使われていた言葉だったんですね~
でもその頃の「新本格」とは、謎解きパズルにのみ終始する「本格」に対して、
トリックの他に社会的趣向を加えたものを、そう呼んだとか。
今と意味が逆だったんですね
スポンサーサイト
  1. 国内作家・た行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー