FC2ブログ

kigi's Book Diary

本の感想ブログ

  • 2019_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_11

「渚にて」 ネビル・シュート

あまりに有名な作品ですが、新訳版を読んでみました。
どこが変わっているのかよくわからなかったですが、さすがに名作です。

1964年、核戦争によって北半球は汚染されて人類は絶滅状態。
南下してくる放射能汚染を止める手段はなく、
オーストラリアでは人々が最後の日を迎えようとしていた。

パニックものではなくて、終わりの見えている日々を人はどう過ごすのかという静かな滅亡の物語。

焼け果てて廃墟になった街ではなく、
花が咲き木々が揺れ、街の風景は変わらないのに、
人だけがいないという描写がリアルで恐ろしい。

でも人類を滅亡させた核戦争が稚拙な対応と勘違いから起こったということが、一番リアルで怖いことかもしれません。

ただ小説の方はあくまでSFで、
映画で描かれていたような最後の日に向かう儚い日常の悲壮感はあまり感じられなかったですね。


スポンサーサイト




テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

  • Author:kigi
  • ◆メールフォームは下にあります。
    ◆TBは承認制です。

    ◆↑画像 by Riepeach(photost.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

10  09  08  06  04  03  02  04  03  02  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー