FC2ブログ

kigi's Book Diary

本の感想ブログ

  • 2019_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_11

ミレニアム4「蜘蛛の巣を払う女」

1~3部までの作者スティーグ・ラーソンが亡くなって、
後を引き継いだダヴィド・ラーゲルクランツによる新作。

作者が変わっていることは、知らないで読んだら気付かないかもしれません。
キャラクターはきちんと引き継がれているし、
個人の問題から国際問題に絡んでいくスケールの大きなストーリーも、
ミレニアムの作風は継いでいるといえるでしょう。

でも、やっぱりもの足りない感じがありますね。
なにより、リスベットが便利な脇役になってしまったのが残念。
美しいナイフのような切れ味が薄れてしまいました。

前作の感想に、ミレニアムで一番好きなところは
登場人物たちがクレバーなところと書いたのですが、
それもちょっと違ってましたね。
先へ先へ予想を立てて考えるのではなくて、
何かが起こってから考えるという、よくあるキャラクターになってました。

1~3部では、メインになるテーマがきっちり描かれていて
そこにサイドストーリーが絡む感じだったんですが、
これはメインテーマなのかわからなかった。
NSAの問題、人工知能、アウグスト・・・、
結局一番印象に残ったのは姉妹喧嘩でした。
(アナ雪もびっくりの大ゲンカだ)

ミレニアムの先入観なしに読めば充分面白い小説だと思うので、
割り切って楽しむ方がいいですね。
スポンサーサイト




テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

  • Author:kigi
  • ◆メールフォームは下にあります。
    ◆TBは承認制です。

    ◆↑画像 by Riepeach(photost.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

10  09  08  06  04  03  02  04  03  02  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー