FC2ブログ

kigi's Book Diary

本の感想ブログ

  • 2019_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_11

「狙った獣」 マーガレット・ミラー

さすがミラーというか、
わかっていても毎回騙されてしまうのはなぜでしょうか??

考えてみると、伏線やプロットの組み立てが、
いわゆるミステリー小説とはまったく違うということのようです。
「まさかそれがヒントだったとは!」で、いつも驚くんですよね。

孤独のあまり心を病んだ女性が幸福な人々に復讐するというストーリーは、
マーガレット・ミラーのイメージ通りの怖い話です。

復讐のために彼女が使うのは電話。
標的となった人物に、知り合いを装って電話をかけ、
うっかり失言したように嘘を言って不安をあおっていく手口。

嘘だと思っても心のどこかに引っかかって、疑心暗鬼になっていく。
ネットの噂みたいですね。
 

物語が始まってすぐ、12~13ページあたりで、
もうすべてが明らかになっているんですが、
その前後のヘレンについての描写が冷静なので、
うっかり読み流してしまいました。

スポンサーサイト



テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. マーガレット・ミラー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

  • Author:kigi
  • ◆メールフォームは下にあります。
    ◆TBは承認制です。

    ◆↑画像 by Riepeach(photost.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

10  09  08  06  04  03  02  04  03  02  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー