kigi's Book Diary

本の感想ブログ

  • 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

「鐘楼の蝙蝠」 E・C・R・ロラック

タイトルを見て、歴史暗黒ミステリーを想像したんですけど、
鐘楼とも蝙蝠とも関係のない、現代のミステリーです。
「BATS IN THE BELFRY」は慣用句で「to be crazy」の意味だそうです。



導入部のあやしい事故、サロンの話題、謎の脅迫者、
そして首のない死体。

道具だては怪奇的なのにおどろおどろしいところはまったくなく
会話もストーリーも非常に理詰め。
すべての可能性を検討して不可能な仮説を一つづつ消していく。
まるで数学か科学の証明のような小説でした。

すべての可能性を考慮ということで、登場人物が全員容疑者になるわけですが、
いくらなんでも最後のふたりくらいは外してもいいんじゃないかと思ってしまいました(^_^;)

無駄なエピソードが少ないパズル的謎解きは好きなのですが、
それにしては伏線が少ないかもしれません。

ちょっと続けて読んでみたい作家ですが、
でも本が高い・・・
スポンサーサイト

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

10  08  07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー