kigi's Book Diary

本の感想ブログ

  • 2005_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2005_11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告

「だれがコマドリを殺したのか」 イーデン・フィルポッツ

「赤毛のレドメイン」で有名なイーデン・フィルポッツの幻の名作が、
新訳で再版されました。



これは前回書いた「見えないグリーン」とは好対照の作品。
「グリーン」の方は謎解きに徹したパズルミステリーだけど、
こちらはミステリー的要素はあるけれど、基本は一人の人間を主人公にした小説。
そして、その人の人生の中に、ある事件があったということ。

それでも登場人物たちの性格や人間関係、人生観など、
すべて伏線になって事件の真相を隠していく、そのミスリードは見事です。

小説の舞台が南仏のせいかフランスの小説のような味わい
なぜヒッチコックが映画化しなかったのかと思うような
華やかで上質なサスペンスです。

ちょっとネタバレ↓
 

そんなに上手く騙せるのかと思ったけど、
最初の方に姉妹を「双子かと思った」「女優として才能がある」と書いてあるし、
父親は目が不自由だったり、一応条件はそろってますね。

スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

月別アーカイブ

02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。