kigi's Book Diary

本の感想ブログ

  • 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

「最初の刑事」 ケイト・サマースケイル

副題「ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件」

しかつめらしい制服を着て規則に従って行動する巡査ではなく
私服のまま自由に行動し、複雑な殺人事件を捜査する精鋭の警察官。
スコットランドヤードにはじめて刑事課が出来た当時に、
実際に起こった殺人事件の記録。

1860年、地方の名士の屋敷で起こった幼児殺人事件。
ロード・ヒル・ハウスで起こった殺人事件はまた、
のちのミステリーの1つの形式の原型になった事件でもある。
「カントリーハウスミステリー」
日本でいう「館もの」「お屋敷もの」ですね。

事件の推移や捜査は面白いんだけど、
引用が多すぎること、訳が直訳なことで娯楽として読むのは疲れるかもしれません。
ノンフィクションなので、正確な訳が必要なんでしょうけどね。


スポンサーサイト

  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

10  08  07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー