kigi's Book Diary

本の感想ブログ

  • 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告

「罪」 カーリン・アルヴテーゲン

事業の失敗で多額の借金を背負ったペーターは、
金策のために奇妙な依頼を受けることになる。

その依頼を果たす過程で出会ったのが実業家のルンドベリ。
富豪でありながら孤独なルンドベリはペーターの正直な性格に惹かれ、
ペーターはまた、ルンドベリの信頼を受けて自信を取り戻す。

お互いの性格に自分にないものを見出した二人は、
協力して問題の解決に乗り出すことに。

BL本なのか?と思うくらい、男二人がラブラブです(笑)

罪 (小学館文庫)罪 (小学館文庫)
(2005/05)
カーリン アルヴテーゲン

商品詳細を見る


ペーターが受けた依頼は、妻から夫へのサプライズプレゼントを届けること。
その届け先の相手がルンドベリだったわけだけど、
妻だと名乗った女は偽者で、プレゼントは切断された足の指だった。

実はこの女、ルンドベリにつきまとっている正体不明のストーカー。
警察に相談してもなかなか真剣に捜査してもらえないルンドベリは、
ただひとり犯人の女と話をしたことがあるペーターに協力を依頼したというわけ。

追いつめられていくサスペンスもあるし、
ストーカーの正体をめぐって二転三転のミステリーもあり。
どこかで見たような読んだような展開ではあるけど、
それなりに面白かったです。

でもこの結末は、ほんとBL風味よね。
おじさん二人だけど(^_^;)

タイトルの「罪」の意味だけは、ひたすら重いんですけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。