kigi's Book Diary

本の感想ブログ

  • 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

「クライム・マシン」ジャック・リッチー

面白かった!
また新しいお気に入り作家発見。
発見といっても、2005年の「このミス」で1位になった本だから、
かなり出遅れてますけどね(^^;)

クライム・マシン (河出文庫)クライム・マシン (河出文庫)
(2009/09/04)
ジャック・リッチー

商品詳細を見る


これも短編集です。

基本的に短編は苦手なんですが、その苦手な原因が、この作品にはない。
なにしろ、まどろっこしい説明や前置きがなくて、
いきなり本題、いきなり事件、いきなり謎なんですよ。

無駄な描写をいっさい省いた簡潔な文章は、
なんとなく星新一さんのショートショートを思いだしました。

ただ、こういうストレートで短い作品はアイデアが面白くなければ
ダイジェストを読んでるようなものになってしまうわけですが、
その点も問題はありません。
どの作品も見事なフェイントが仕掛けられています。

表題作の「クライム・マシン」は、殺し屋の元にタイムマシンを発明したという男が現れて、
殺人現場を見たと脅迫する話。

このようにトリックものというより、シニカルな捻りのある小話がメインです。

一番好きなのは「エミリーがいない」
3回くらい裏かかれましたね。

次は「歳はいくつだ」
この長さでどう終わらせるのだろうと、
4パターンくらいの結末を予想したけど、どれも違っていた。
ストレートなだけに、このアイデアはすごい。

ルーレット必勝法
賭博場での恐喝だから、あの結末にもなるんだろうけど、
けっこう実社会の騙ましのテクニックで使われてる手段ですね。
いわゆるサクラなんかも、この手法の一種だろうし。

「旅は道づれ」「罪のない町」は、おばちゃんコントみたいで面白い。
スポンサーサイト

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

月別アーカイブ

08  07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー