kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「九マイルは遠すぎる」ハリイ・ケメルマン

学生時代にいろいろな議論をした懐かしい本。
ミステリー系のサークルでは、必ず取り上げられる作品の1つですよね。

九マイルは遠すぎる (ハヤカワ・ミステリ文庫 19-2)九マイルは遠すぎる (ハヤカワ・ミステリ文庫 19-2)
(1976/07)
ハリイ・ケメルマン

商品詳細を見る


探偵役は、まだ40代後半なのに白髪頭で皺顔の妙な存在感がある英文学教授
ニッキイ・ウェルト。
聞き手のワトソン役は、その友人で元法学部教授の郡検事。
この2人が大学とその周辺で起こった謎めいた事件を解いていく。
アームチェア・デテクティブの連作短編集。

特に表題作の「九マイルは遠すぎる」は論理パズルミステリの傑作。

推理の元となるのは11の単語からなる文章。

「九マイルもの道を歩くのは容易じゃない、ましてや雨の中となるとなおさらだ」
「A nine mile walk is no joke, especially in the rain.」

この1つの文章から推論を重ねて殺人事件に至るというのだから、期待しますよね。

まずニッキイ教授が指摘する推論は、
・話し手はうんざりしている
・雨が降ることを予想していなかった、など。
このあとも次々に仮説が立てられ、それが現実と結びついていく。

短い作品ですが、謎解きの醍醐味が味わえます。

他に7作品を収録。
どれもちょっとした矛盾から真相を突き止める、ひたすら論理的なミステリー。
読み終わってしまうのがもったいないような短編集です。
スポンサーサイト

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 古典名作ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー