kigi's Book Diary

本の感想ブログ

  • 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

「プラチナ・データ」東野圭吾

タイトルと帯の宣伝文句からガリレオ的な科学物かと思ったら
探し物と追跡でした。



謎の宝物(ここでは、あるプログラム)を探しながら敵と味方がチェイスを繰り返すという、
サスペンスの王道ですが、それにしては緊迫感が足りないかもしれません。

国民のDNAを登録して犯罪捜査に役立てようとする法案が成立。
しかしDNA検索システムに重大な欠陥があることが判明。
システムの開発者がひそかに欠陥を修正するプログラムを作っていたのだが、その開発者が殺され、プログラムが行方不明になる。

実は事件全体の元となる、ある設定が苦手。
ミステリーとして扱いが難しい設定だと思いますね。
まあ、サスペンス小説だから、これもいいのかもしれませんが。
どうもしろいろと納得できないところが多かったです。

読みながらテレビ朝日の人気刑事ドラマを思い出したわ~

ちょっとネタバレ

 

あくまでミステリーでの話ですが、多重人格は作者がどのようにでも設定できるので、
どうしても解決編で肩透かしになる印象がありますね。
スズランの存在もきちんと説明つけて欲しかった。
スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・は行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

  1. 2010/10/24(日) 22:51:21 |
  2. URL |
  3. ラム
  4. [ 編集 ]
kigiさん、お久しぶりです。
近未来を感じさせるストーリーなので面白いですが、
東野さんの作品にしては物足りない気がしました。
ただ犯人が誰か知りたくて、近未来の設定のせいか、半分理解不可能で終わったかも。
同じくキャラも物足りなさがありました。



  1. 2010/10/25(月) 23:46:15 |
  2. URL |
  3. kigi
  4. [ 編集 ]
ラムさん
本当にお久しぶり。
夏の間ずっとサボってたから、なかなかコメントも出来なくてゴメンネ。

ラムさんのレビューも読ませてもらったけど、まったく同感!
前半は謎がいっぱいあって面白かったけど、
解決を読んでも疑問が残って消化不良。
もの足りない感じでしたね。
でも「白銀ジャック」は面白かったよ~

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー