kigi's Book Diary

本の感想ブログ

  • 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告

「殺意」 フランシス・アイルズ

「伯母殺人事件」「クロイドン発12時30分」と共に、
三大倒叙ミステリーと言われている作品。
「伯母」「クロイドン」は好きなんですが、これは苦手。

簡単に言えば、うるさい妻を殺そうとする浮気性の開業医の話です(笑)

倒叙ミステリーの面白さといえば、犯罪者の自己中心的な心理の破綻、
犯行の過程でのミスを探すこと、警察・探偵の追求と言い逃れる犯人の応酬、
そういうものだと思うけど、そのどれもが満たされていないような気がします。

異常心理と言ったって、登場人物が全員屈折してるから、
犯人もあまり破綻しないし・・・

退廃主義の小説家が、愛人との生活を自己弁護的に描く私小説だと思えば、
それなりに評価できるのかもしれないけど、私小説も苦手です(^^;)

ただラストは意外性ありです。そこはバークリーらしい。
このラストのため小説のようです。

殺意 (創元推理文庫 (124‐1))殺意 (創元推理文庫 (124‐1))
(1971/10)
フランシス・アイルズ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 古典名作ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。