kigi's Book Diary

本の感想ブログ

  • 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告

「ポケットにライ麦を」アガサ・クリスティ

ミス・マープルの代表作の1つといわれている作品で、
マザーグースの童謡に模した連続殺人事件。



事件が起こったのは、投資信託会社社長のお屋敷。

最初に殺されたのは屋敷の当主である社長。レックス・フォテスキュー。
食事に毒を仕込まれたらしい。
その社長の上着のポケットにライ麦が入っていたことがタイトルの由来。

容疑者は社長の一族と、屋敷に住む人々。

性格が間逆で仲の悪い長男と次男。
その嫁たち。こちらも対照的な二人で一方は地味な女、一方は貴族出身。
慈善事業に夢中で父親に批判的な娘。
その娘の恋人は誰が見ても財産目当てで、レックスに結婚を反対されている。

そして、これもお決まりの息子たちよりはるかに若い後妻。
その男友達。

有能だが、含みのある言動の家政婦。
何かに怯えるメイド。
素行のよくない執事。その妻の料理人。

もう役者が揃っているというより、揃いすぎというくらいです。
捜査を担当するニール警部の感想のように
「舞台装置は定石どおり」で「犯罪シーンとして完璧」。

童謡連続殺人といっても、そんなにおどろおどろしい話ではありません。
そこがマープルもののいいところでもあるけど。
あっさりして読みやすい作品です。

裏表紙のあらすじに「ミス・マープルが仕込んだ若いメイド」と書いてあったので、
スパイとして入り込ませていたのかと思ってしまいました

でも、洗濯物を取り込むのにわざわざコートを着て庭に出るお屋敷生活ってすごいですね。

以下はネタバレです。

 
反転させて読んでね。



これはなんというか、入れ替わりのトリックですね。

くろつぐみ鉱山で見殺しにされたマッケンジーの遺族は誰なのか?
小間使いのグラディスの恋人であるバートは誰なのか?

マザーグースの見立ては犯行の順序を偽るための仕掛けということだけど、
父親を殺した時に継母とメイドの殺人の手筈まで考えていたんだろうか?
マッケンジーの遺族に嫌疑をかける意味もあるかもしれないけど、
動機にもなっている「くろつぐみ鉱山」に注目されるのはむしろマイナスだと思うけど。

スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. アガサ・クリスティ
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。