kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「天地人」 火坂雅志

来年の大河ドラマの原作です。
主人公は上杉謙信、景勝の家臣・直江兼続。



上巻は青年時代の兼続から魚津城陥落まで。
謙信亡き後の上杉家の相続争いを描いた小説はほとんどないと思うので、
そういう意味では珍しい。


 
いわゆる御舘の乱の資料はほとんど残ってないはずなので、
作者の想像の部分が多いのでしょうが、
歴史小説というより時代小説という描写に違和感を感じてしまいました。

視点が偏っているのは仕方ないことかと思いますが、
現代の価値観と戦国時代の価値観はぜんぜん違うはず。
現代の目線で見て史実をゆがめては解釈というより空言。
そのせいか登場人物の誰にも人間的魅力が感じられず、
全体にきれいごとすぎる感じはしましたね。

下巻は秀吉から家康の時代。
このあたりは有名なシーンばかりで安心して読めました。
ただあまり新しい解釈はないかな。
兼続の視点で見た戦国後期史のまとめという感じです。

石田三成や本多正信との駆け引きが中心なので、
「軍師たちの戦国」というところでしょうか。

大河ドラマの不満なところは登場人物がみんな美化されてしまうところだけど、
原作から美化されてしまうと、逆にドラマに期待かも・・・。

これもラムさんに借りた本だけど、変な感想でごめんね~
スポンサーサイト
  1. 国内作家・は行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

11  10  08  07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー