kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「五匹の子豚」 アガサ・クリスティ

「そして誰もいなくなった」の対極に位置するといっていいような、クリスティの"静"の傑作の1つ。
ポアロと読者がほぼ同じ情報を与えられて、そこから推理を展開。
フェアと言うならこれこそフェアな作品でしょう。



今回ポアロが解くのは16年前に起こった殺人事件で、
すでに犯人は有罪判決を受けて服役、獄中で亡くなっている。

殺されたのは著名な画家。
彼は絵のモデルになっていた若い女性と恋愛関係になり、離婚を拒否する妻に毒殺された。
妻は裁判にあたって、ことさらに反論することもなく獄中で亡くなる。
しかし実の娘にだけは自分が無実であることを書き残していた。
20歳になった娘は事件の真実を明らかにするために、ポアロに調査を依頼する。

事件のあった日に屋敷にいたのは7人。
被害者である画家。その妻。画家の愛人。
画家と妻の幼なじみである兄弟。妻の妹。その妹の家庭教師。

被害者と妻を除く5人が容疑者となる。
ポアロはさっそく5人に会い、彼らに手記を書くこと依頼。
その証言と手記の相互の矛盾から、16年前に起こった真実を突き止める。

ちょっと変則のアームチェア・ディテクティブです。
文中でもこう言われているしね。
「あなたは椅子に腰掛けてじっとお考えになっただけで
事件の真相がおわかりになるに違いありません」

続きはネタバレです。反転させて読んでください。
 


カロリンが誰かをかばっているのだろうということは考えたので、
毒を入れたのはアンジェラかと思ったけど違ったか。
早川文庫版35ページだけで、すべて書かれてるようなものですね。


本の感想一覧はこちらから
スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. アガサ・クリスティ
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

月別アーカイブ

06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー