kigi's Book Diary

本の感想ブログ

  • 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

「悪人」 吉田修一

事件報道の裏にあるものを想像させるストーリー。



若い女性が出会い系サイトで知り合った男性に会いに行ったまま姿を消し、
翌日、遺体となって発見された。

最近よくある事件の概要と同じ。
どんな文章で伝えられるのか、コメンテーターと言われる人たちが
どんな言葉で批判するのか、簡単に想像できる事件。

でも1つの事件が起こるまでには、その時までそれぞれふつうに生きてた人の、
ふつうだと思われていた人生があるんですよね。
ここに登場する若者たちも、自己中心的であったり社会性がなかったり、
多少の問題は持っているけど、極端に悪い人間でもない。

でもある日、なにかがちょっと変わる。そこでつまずくか逃れるか。
もし、その陥穽を乗り越えれば、彼らもまたふつうの人生に戻っていったことでしょう。

悪人が事件を起こすのではなくて、事件を起こした人間が悪人とされるということかな。
悪いことばっかりしてるのに、不思議と事件に関わらないで、
平穏な晩年を過ごす人もいますからね。

平穏な日が明日も続くかどうかは、ちょっとした差。
人間は紙一重のところで生きてるのかもしれないと思わせるところが怖いです。

なぜか映画の「太陽がいっぱい」を思い出しました。


スポンサーサイト

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・や行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー