kigi's Book Diary

本の感想ブログ

  • 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告

「透明な一日」 北川歩実

ずいぶん前に「猿の証言」を読んで、なんとなく読みにくい作家さんだと思った記憶が
あるけど、やっぱり読みにくかった。
ではなぜ読んだのかというと、例によって「どんでん返しが見事」というコピーに釣られたから(笑)



記憶が再生できず永遠に同じ一日を繰り返す父親、
娘の成長も父親の記憶の中では12歳で止まったまま。
そんな娘が婚約者を連れて父の元にあいさつにやってくる。

実は、娘とその婚約者は過去のある事件の被害者という共通点があった。
ふたりとも一連の放火事件で母親を亡くしていた。
そのふたりが結びついたことが、あらたな連続殺人に発展する。

女性の登場人物が性格的にきつい人間ばかりで、そこでつまずいてしまいました。
でも、伏線も充分だしトリックも意外。
この世界になじめる人には面白いかもしれません。 

続きはネタバレです。

本の感想一覧はこちらから



 
反転させて読んでください。


この父親は脳の記憶に障害はあるが、それ以外に悪いところはない。
そんな大人の男が、ちょっと妻の姿が見えないからといって
一日中妻を探すのはおかしいだろうと思っていたら、それが重要なファクターだったんですね。
そこから始まって、どうも人物描写に納得がいかなくて物語に入り込めなかったので、
最初から読み方を間違えていたということかもしれません。

スポンサーサイト
  1. 国内作家・か行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。