kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎

基本は脱出もの。味付けは青春ノスタルジー。




この分野は古今の名作が数多くある上に、
日本では生死をかけた脱出を必然とする設定がなかなか成り立たないという
難しさがあるので、作品は少ないですが、これは果敢な挑戦。

権力によって首相暗殺犯に仕立て上げられた青年が、
封鎖された仙台から脱出するストーリー。

舞台を近未来に持ってきて、地域を仙台という狭い範囲に設定、
何とか脱出の必然性を出そうと頑張ってるけど、
やっぱり甘いという印象になってしまうのは仕方ないですね。

最後は禁じ手のような気もするけど・・・


 
脱出ものでは
「謀殺のチェスゲーム」山田正紀
「プラハからの道化たち」 高柳芳夫
なんか好きですね。

五木寛之の「戒厳令の夜」も脱出ものに入るかもしれないですね。

スポンサーサイト
テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・あ行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

11  10  08  07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー