kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「百万のマルコ」 柳広司

帯に「黒後家蜘蛛の会」「邪馬台国はどこですか?」などがお好きな方へー
と書いてあったので読んでみました。



捕虜になってジェノヴァの牢に入れられたマルコ・ポーロが
同じ房に囚われている捕虜たちに旅先であった不思議な話を披露し、
その謎解きをするという連作。
文庫本1冊に13編の短編といえば、1編の長さは想像つきますよね。

黄金の国や常闇の国、パズルやなぞなぞのような話、
お題話のようなものもあり、それぞれ気軽に読めます。
特に避暑地でのんびり読むには適当でした。
スポンサーサイト

  1. 国内作家・や行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

月別アーカイブ

06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー