kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「出口のない部屋」岸田るり子

評価の難しい作品。



出口のない部屋に閉じ込められた三人の人物が、
自分たちが閉じ込められた理由を探るために、3人の共通点を探す。
そして現在の自分たちの共通点が見つからないことから、
それぞれが過去の人生を語り始める。
閉じ込められたのは、大学講師、開業医の妻、売れっ子作家。
もちろん、職業も性別も世代も違う。

と、あらすじを書いたけど、ここまでは実は新人ホラー作家が書いた小説の一部ということになっている。
そしてこのあとも、小説と現実が交互に語られる…ように描かれている。

もう、どこまでが事実か、わからなくなるのですが、
その構成が謎になっているという、複雑な小説です。

トリックは物理的なものではなく心理的謎なので、
内面描写ばかりが続くわけですが、それがみんなゆがんでるわけですよ。
だから事件になるわけだけど。

これがミステリーにしては見事に人間を描いた作品だとしたら、
私は人間が描けてないミステリーが好きだと思ってしまう(笑)

ただ解決編を読んだあとは、最近起こったある事件を連想して怖くなりました。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・か行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

月別アーカイブ

06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー