kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「ヴェサリウスの柩」麻見和史

第16回鮎川哲也賞受賞作。
鮎川賞だけどサスペンスです。

解剖学教室で解剖中の遺体からチューブが発見された。
その中には謎めいた4行詩が書かれた紙が封入されていて、
その詩の暗示通りに事件が起こる。

このように冒頭のあらすじを書くと、おどろおどろしいイメージを持たれると思いますが、
2時間ドラマのようなあっさりした印象の小説です。
気持ち悪い描写は多いですけどね。

腐敗した遺体に群がるねずみの集団など、
これでもか、というほど不気味な描写を並べているのに、
ここまで重さが感じられないというのは、逆に見事かもしれない。

事件を調べる役である主人公が女性であること、
その他の登場人物も記号的で単純化されていること、
文章に無駄な修飾がなく平易でわかりやすいこと。
そんなことから全体的にわかりやすい描写になり、
暗いテーマにもかかわらず、サクサク読める小説になっていのでしょう。

単純化された登場人物+修飾のない文章というと、
パズル的と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、パズル性はありません。

犯人探しも、一応ある仕掛けは施してあるのだけれど、
それが推理にはならず、ただ時系列で事実が明らかになるだけ。

この方は鮎川賞にこだわらず、他の系統に進んだ方がいいかもしれない。
文章の読みやすさは優れているのだから。

一番面白かったのはむしろ巻末の選評。
笠井潔、島田荘司、山田正紀の3氏が書かれているのですが、
それぞれの作風と比べて読むと面白かったです。

◆本の感想リスト◆
スポンサーサイト

  1. 国内作家・あ行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

11  10  08  07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー