kigi's Book Diary

本の感想ブログ

予言的中?

ラムさんからお借りした内田康夫の「棄霊島」を読んでいます。
5月に送っていただいたんだけど、W杯で読書が中断してたんで、
今頃読み始めました。

で、読み始めてびっくり。
これは北の問題を扱った本なんですね。
この中で語られる内田康夫氏の見解は「やっとこういうことを言ってくれる人がいた」と
救われた気分。
右でも左でもなく、何かにこだわっているのでも、とらわれているのでもない、
ふつうの人がふつうに考えていること。
なぜか今はこういう意見がいっさい表に出てこない。それが怖い。

・・・なんて思ってたら今日のミサイル。
内田さんが書いてるように進んでるような・・・

今回のミサイル発射についても、
日本人は国際交渉が下手だとあらためて思う。
「話し合い」じゃなくて「交渉」がね。
だからどんどん追い詰められて解決の手段を失っていく。
どう考えても初期の対応の失敗だろう。
この24時間で取り返せればいいけど。
スポンサーサイト

  1. 日記06年後半
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:6

  1. 2006/07/06(木) 01:23:12 |
  2. URL |
  3. ちゃいむ
  4. [ 編集 ]
週刊誌に連載してたやつだよね。
内田さんは、時々こういうことがあるってどこかで自分で書いていた。あとがきかなあ?
自分が書いたことが、そのまま起こってしまうというか、先取りしてしまうというか。
それだけ時代を読み解いている、ということなのかな。
でも、伝説シリーズとかのほうが好きだけど(笑)。

報道は各局がしているわりには、イマイチ危機感がないというか。
「北は本気ですよ」と言っていた専門家がいたけど、本当にそうだとしたら、日本はどうなる?ってもっと考えたほうがいいのじゃないかと思うわー。

  1. 2006/07/06(木) 15:12:20 |
  2. URL |
  3. kigi
  4. [ 編集 ]
そうそう週刊文春に連載されてたもの。
ちょうど一昨日読んでたんだけど、

切れると何をやるかわからない
このまま追い詰めれば体制維持が出来なくなり危機的状況になる
そうなれば本当にミサイルが飛んでくる


なんてことが書いてあって、「まったくその通り」と思ってたら、
次の日にそのままのことが起こったから驚いた。

内田さんの強みはたぶん、どこにも属してないことだよね。
だから偏りなく物事を見られるんじゃないかな?
でもそれは町のふつうの奥さんダンナさん、おばさんおじさんもそうなんだよね。
みんな同じようなこと言ってたもん。
でも政治家は言わないんだよね~

首相も「こんなことをしても何のプラスにもならない」と言ってるけど、
本当にそうかな?
基準が違えばプラスマイナスは逆転するからね。
あちらの視点からは充分プラスになってるかもしれないよね。
そこを考えないと日本だけマイナスってこともあり得るよね。

  1. 2006/07/07(金) 21:26:10 |
  2. URL |
  3. ラム
  4. [ 編集 ]

本県には拉致被害者がいるから、北朝鮮の問題は人事には思えなかったし、「棄霊島」も興味しんしんで読みました。
恵さんの夫が両親と再会した後だから、一昨日起こったことはまさかと思いましたが。的中しているということは、内田センセの知識の広さに感服するばかりです。
浅見さん通じて、政府官僚を批判しているように感じますね。偏りがない内田さんの見方は私も好きです。

kigiさんのレビュー楽しみにしていますね。

  1. 2006/07/08(土) 00:14:31 |
  2. URL |
  3. kigi
  4. [ 編集 ]
ラムさん
いつも本ありがとう。
「悪魔の種子」の遺伝子組み換えやお米の話は知らないことばかりで刺激的だったし、
この「棄霊島」は知っていることでも見方を変えれば違うものが見えてくるという驚き。
どちらも面白かったよ!
内田さんの偏らない見方はいろんなことを気付かせてくれて刺激になります。
でも本当はそれがふつうの見方なんだと思うのよ。
私も含めて、みんな情報が多すぎて返って見えるものが見えなくなってる気がします。

  1. 2006/07/08(土) 09:24:23 |
  2. URL |
  3. きさら
  4. [ 編集 ]
kigi さん こんにちは。(★^▽^)V
ちゃいむさんのブログからやってきました。

内田康夫(特に浅見シリーズ)の大ファンです。
それなのに この新刊のことは知りませんでした。
うれしい情報ありがとうございます。
今日早速 本屋に行ってきます。
内田さんの作品は ほとんど全部読みました。
彼の作品は情緒的だし 違和感を覚える部分が
ほとんどなく 楽しめます。
彼の作品のお陰で 各地の歴史や文化の勉強ができました。

  1. 2006/07/08(土) 23:16:30 |
  2. URL |
  3. kigi
  4. [ 編集 ]
きさらさん
いらっしゃいませv-300

ちゃいむさんのブログでいつもお名前は拝見しています。
きさらさんも内田さんのファンなんですね。お仲間が増えてうれしいです。

内田作品に違和感を覚える部分がないというのは、とてもよくわかりますよ。
最近特に、ストーリーは面白いけど考え方や価値観の違いが引っかかって
入り込めないという小説が増えたので。
その点、内田さんのまっとうな大人の視点はとても共感できますよね。

私も浅見シリーズはほとんど読んでいますが
文庫派なのでどうしても時間差が出てしまうんですよね。
でも、この本はタイムリーな時に読めてよかったと思ってます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

月別アーカイブ

03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー