kigi's Book Diary

本の感想ブログ

  • 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

◆「ばちもん」山本甲士

「ぱちもん」感想アップ。
これは面白かった。今までの「どろ」や「かび」はちょっと~と、
迷ってた方もこれは面白いと思うよ。
ただね、本屋で表紙を見た時は迷ったのよね。
正直2ヶ月買いませんでした(笑)
でも人情ものとして楽しめる作品です。

◆本の感想リスト◆
 

山本甲士さんの5作目。その中ではこれが一番面白かった。
「どろ」「かび」「とげ」ように、苛立ってる人、復讐する人、あこぎな商売にはしる人、
そんな人たちが出てくるところは同じなのですが、それだけではなくて人情味みたいなものもあるんですよ。
市井に生きる人のしたたかさと悲しさ、そして暖かさ。街に生きる人々の生々しい猥雑さが描かれているのですが、それが突き放した視点ではなくて、「みんないろんなものを抱えて生きてるんだよ」という共感を感じさせる描かれ方になっています。
なんというか、イタリア映画みたいな雰囲気を感じました。

内容は連作短編で、前の短編の登場人物の一人が次の短編の主人公として出てくるというパターン。だから登場人物の二面が見えるという仕掛け。
「あの人がまさか」だったり、「やっぱりそういう人だったのか」だったり、そんな楽しみもあります。

でも、ここに出てくる探偵は表紙のようなおっさんのイメージなのかな?
私としては上に書いたようにイタリアの詐欺師みたいな雰囲気であって欲しかったんだけど(笑)
この本、表紙で損してないですか?(笑)

大阪の人はいつも啖呵切ってるのね~、なんてことはもちろん思わないけど、
迫力あるよね~(笑)
スポンサーサイト
  1. 国内作家・や行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー