kigi's Book Diary

本の感想ブログ

  • 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

◆「町長選挙」奥田英朗

奥田英朗さんの「町長選挙」アップしました。
先週のキクマリで秋元選手の部屋に「サウスバウンド」があったり
上野さんの愛読書が奥田英朗だったり、マリノスで人気の作家らしい(^^)
でも伊良部先生、だんだん「おとうさん」の印籠に頼りはじめてます(笑)
 


やっぱり伊良部先生には癒されますね~
既成概念・固定観念を打ち破る発想は、ミステリーで見事なトリックにだまされたような爽快感がある。もちろん伊良部本人は常識を打ち破ろうとしてるわけじゃなくてやりたいようにやってるだけなんだけどね。
凡人はそれが出来ないから患者になるしかない(笑)

なんたってダイエットに取り付かれた人に「太ってみれば」なんてとんでもないことを言ってしまうんですよ~
ふつうの人がそんなことを言ったら絶対嫌われるけど、あの伊良部先生に言われると、なぜか素直に聞いてしまったりするのよね。

今回、伊良部のもとを訪れるのは最近マスコミで話題になった有名人を連想させる人々。そのせいか前2冊に比べると伊良部の暴走振りがおとなしく感じます。現実の出来事の制約にしばられているからかな?

新聞社会長で人気球団オーナー、株で儲けたIT社長、年齢を感じさせない美貌で理想の母親と言われる女優。マスコミに対しても強気で、怖いものなどないと思われる彼らを伊良部の元に通わせる原因は何か?(笑)
「オーナー」と「カリスマ稼業」の症状は想像できるけど、IT社長の心の病には笑ってしまいました。

最後の1編、タイトルにもなっている「町長選挙」には有名人は出てきません。東京都の離島の選挙の話。人口2500人という、小さくも大きくもない中途半端な島。伊良部先生にかかると物事が単純になるという、わかりやすいけど実行は難しい話。

そういえいば伊良部一郎の父親が医師会理事ということが出てきてから、伊良部先生もなんだか水戸黄門や浅見光彦みたいになってきました(笑)
いや、キャラは全然違うけど(笑)
「あの医師会理事伊良部先生のご子息!」とバレるところなんか特に。
でもそういう後ろ盾があると、どこでも入れるし誰とでも会えるから便利だよね。
次は泉田首相も診てもらってたりして(笑)


スポンサーサイト
  1. 国内作家・あ行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー