FC2ブログ

kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「悪医」久坂部羊

本当に悪い医者とはどういう医者なのか、
医者と患者の認識と知識の差から来る気持ちのすれ違いを描いた小説。

患者は『治療』イコール『病気を治すこと』と思い込んでいるが
医療者は『治療』イコール『やり過ぎると大変なことになる』ってことを知ってる
----------------------------------------------------------

ガンで余命3ヶ月を宣告された小仲辰郎52才。
医者に「もう治療法がない」と言われて絶望と怒りで病院を飛び出し、
自分を治してくれる医者を探す。
テレビやネットで話題になった病院を転々として
次々に新しい治療法を試してみるけれど、
検査結果は悪くなるだけで、体力もなくなってしまう。

一方、治療法はないと宣告した医者の森川も悩んでいた。
医者の使命は患者の命を延ばすことと考えている森川には、
命を縮めるとわかっている治療は出来ない。

医者は病気と治療法、体力を判断して最善と思われる方法を提案する。
しかし患者の方は自分は治ると信じているから
治療をしない医者はやる気のないダメ医者と決めつける。

抗がん剤の副作用で命を縮める状態だと言われても
治療を続けてほしいと望む患者。
人間の命には限りがあるし、医者は全能の神ではない。
どこで諦めるか、どこでキリをつけるか答えのない課題ですね。

ちょっと思ったのは主人公の小仲を筆頭として
ここに登場する患者はみんな自分にノルマを課して
自分で自分を追い詰めるタイプばかりなんですよね。
ほどほどというか適当というか、心のゆとりは大事かもしれないと思いました。

「怒りが症状を悪化させる」「痛みが出る」というのは
経験上とても納得できたので。

人間は全能の神ではないから出来ることをするしかないとは思いますが、
自分のこととなると理性だけでは割り切れない感情が出るから
難しいですね。
スポンサーサイト



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・か行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「花嫁のさけび」 泡坂妻夫

デュモーリアの「レベッカ」の本格版と言われる作品。
前半はレベッカの翻案じゃないかと思われるくらい同様に話が進みます。
有名人の再婚、若くて素朴な花嫁、すべてが完璧と言われる前妻、
前妻に心酔している家政婦など、すべて同じ。

そして結婚を祝うパーティが開催され、そこで殺人事件が起こる。
ここから独自のストーリーになっていくのですが・・・

ネタバレなので反転させて読んでください。
【 伊津子が屋敷の様子をあらかじめ知っていたという証拠が細かすぎ。
泳げない人はプールでも「溺れそう」と言うだろうし、
耳が落ちそうというのも冗談として成り立つんじゃないでしょうか。
私は、はじめて会った犬になつかれることが多いしね。

あと、貴緒が取り巻きが言うような完璧な女性ではないにしても
慰謝料を取るために浮気の証拠をでっちあげるという動機がしょぼい。

死体の隠し方が雑。

部屋の鍵というのは中からは開くと思うのですが

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・あ行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

彼女たちはみな若くして死んだ

若い女性が被害者となった殺人事件10件のレポート。

タイトルは実話週刊誌のように扇情的ですが
覗き趣味のレポではなくて、事件と捜査の真面目な記録。
ヒラリーウォーがこの本を読んでミステリーの着想を得たということで、
「警察捜査小説」というジャンル誕生のきっかけとなったと言われています。

1949年に刊行された作品なので
取り上げられている事件は100年以上前のものばかりですが、
その後のミステリー小説を連想させる有名な事件が多かった。

最近は残虐な事件が増えたので、あまり驚かなくなってしまったけど、
それでもやはり現実に起こった事件だ思うと痛ましいです。

加害者は、恋人や元恋人、夫・元夫、ストーカー。
一昔前の事件とはいっても若い女性が被害者になる事件の動機は
今でも変わっていないんですね・・・
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「シンプルプラン」スコット・B. スミス

突然大金を手にした人間が堕ちていくストーリー。

ハンクと兄のジェイコブ、兄の友人ルーの3人は
森の中で墜落した飛行機を見つける。
その飛行機の中には440万ドルの現金が残されていた。

3人は現金を持ち去るが、440万ドルの出所がわからないので、
1年間は手を付けずに様子を見ることにする。

しかし借金をかかえたルーはすぐに分け前を欲しがるし、
職もなく孤独なジェイコブは実家の牧場を買い戻したいと言い出す。
地元でいきなり大金を使えば怪しまれるのは当然のこと。

家族を持つハンクは絶対に捕まるわけにはいかないので、
二人を説得するが、仲間割れが起こって破滅に向かってまっしぐら。


ふつうの人間が思いがけない事件に巻き込まれて堕ちていくストーリーは
面白かったんだけど、イマイチ消化不良で終わった感じです。

なんというか、ラストに向かって盛り上がる読者の期待を
昇華できないまま終わってしまうんですよね。

ハンクの妻のサラが、お金が手に入ったらやりたいことを書き出すメモが悲しい。
440万ドルは4億8千万円くらいらしいから、3人で分けたら1億6千万。
家を買って子供が二人を育てると考えたら、
そんなに贅沢三昧は出来ないんじゃないだろうか。

続きは反転ネタばれで↓
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

kigi

  • Author:kigi
  • ◆メールフォームは下にあります。
    ◆TBは承認制です。

    ◆↑画像 by Riepeach(photost.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2019 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

10  09  08  06  04  03  02  04  03  02  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー