kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「二度のお別れ」 黒川博行

「大博打」が面白かったので、また黒川作品。
これも面白かった。
誘拐ものです。



三協銀行新大阪支店に強盗が押し入った。
客の一人が強盗を取り押さえようとしたが逆に撃たれ、
さらに人質として連れ去られてしまう。
警察は重傷を負ったと思われる人質と犯人を捜索するが、
そんな中、警察に身代金1億円要求の手紙と人質の小指が届く。

銀行強盗が営利誘拐に変わってしまうというのは、
犯罪としての質が違うから上手くいくのか疑問になりますが、
そこは読んでみればわかるということ。

読みどころはなんといっても全体の半分を占める身代金受け渡し場面。
次々に変わる犯人の意図が読めず翻弄される警察。
これはまだ携帯電話がなかったころなので、
ちょっとじれったいところもありますが、緊張感があって面白かった。

解説にも書かれてたけど、ラストがちょっと残念。

ついでに書いちゃうけど、泡坂妻夫の「湖底のまつり」はダメでした。
スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・か行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

11  10  08  07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー