kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「緑のカプセルの謎」 ジョン・ディクスン・カー

これも懐かしい作品です。
今回新訳が出たので30年ぶりくらいに読んだんですが、
こんなわかりやすい話だったかな?
謎も整理されているし、ヒントも充分書き込まれているし、
とても明解な謎解きミステリーでした。

カーは解決が独善的だとか整合性がないという評価が多いけど、
もしかして翻訳が悪かったんでしょうか??

謎の提示も面白い。
複数の人間が注目していて、撮影もされているという状況で起こった毒殺事件。




目撃証言の信頼性を検証する実験はご存知の方も多いでしょう。
事件の映像を見せたり、あるいはその場で事件を再現し、
その後、その場にいた人の証言を集めると、一致しないことが多いという実験。

それを個人で実験しようとしたのがマーカス・チェズニー。
彼は自宅に身内や友人を集めて寸劇を見せ、
その後、用意した質問に答えさせることで、
人間の記憶のあいまいさを証明しようとした。

しかし、その寸劇の中で本当に殺されてしまうんですね。
彼が毒を飲まされたシーンは複数の人間が目撃し、
さらに映像にも記録されていた。

ここまででもかなりワクワクしますよね。

で、ここから犯人を割り出すことになるのはエリオット警部とフェル博士。

被害者となったマーカスが用意していた10の質問。
それを事件のあと、あらためて目撃者に問うのだけれど、
これが見事に食い違っている。
・机に箱があったか? あったならばどのようなものが?
・フランス窓から入ってきた人物の身長は?
など、質問自体にもひっかけがあって、これだけでもかなり面白い。

さらにその食い違いを映像で確認。
このあたりは検証はとても面白いんだけど、見ている人間がうるさかった。
「ほら私が正しい」「いや違う」って大騒ぎ。
小学生じゃないんだから(笑)

でも隣の部屋にいる人間の身長、6フィートと5フィート9インチは、
はっきり見分けられるものなんでしょうか。
ということで調べてみました。

ネットの換算表で見ると、6feetは182.88cm、5feet9inchは175.26cm。
マリノスならマルティノスと天野純くらいの差かな。
これならたしかに見分けられるかも。
代表でいうと、本田と香川の差くらいですね。

ちょっと話がそれましたけど、記憶していた内容よりかなり面白かったです。

続きはネタバレ反転↓
スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー