kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「見えないグリーン」 ジョン・スラデック

鮎川哲也氏絶賛ということで読んでみたのですが、
これは本当に面白かった。

巻末の解説で、こんなこと↓が書いてあったら読まないわけにはいかないですよね。
「近頃めずらしい純粋の本格謎解き小説であり、待望久しい充実した作品」
「最後まで五里霧中をさまよわされ、読了してから作者の見事なペテンに気付いた時の楽しさ」

1977年の作品で1985年出版、2007年新装版になっていて、
新装版の解説は法月綸太郎氏



事件はいかにもパズルミステリー的です。

ミステリー好きの集まり「素人探偵七人会」。
その会合が35年ぶりに開かれることになった時、
かつてのメンバーがひとりづつ殺されていく。
さらにメンバーひとりひとりに色に関係するメッセージが送りつけられる。

単なる説明だと思って読み飛ばした文章が、最後になって実は重要な伏線だったとわかるという、最初から最後までまったく気が抜けない徹底した謎解き。

ミステリーファンでも、事件のストーリーの流れを追うような読者、
登場人物の内面ドラマを期待する向かないかもしれませんが、
メモを取りながら推理を楽しむタイプの方には絶対にお勧め。

でもガチガチの理詰め推理でもないんですよ。
全体の印象はユーモラスで、
すべてのシーンで映像が浮かんでくるところは小説としても見事ですね。

以下はネタバレで

第3の殺人は被害者も含めて意外だった。
そこまで靴型に執着してるとは思わなかったものね。

でも鮎川氏も指摘しているように、
年中いつも同じ靴を履いてるわけじゃないから無駄な努力でした。
その上、殺されては意味がない。

ラティマーの靴が脱げなかったら、ナイフがなかったら、
狭い家でラティマーに被害者の聞こえなかったのか・・・

見えない敵につけ狙われていた被害者ということでサイコ系かと思ったら、
実は財産目当てと言う古典的でわかりやすい動機でした。

そういえば、うわさで聞いたことがある、あの密室トリックはこの作品が原作だったんですね。
申し訳ないけど、想像すると笑ってしまう(^_^;)



スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2016 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー