kigi's Book Diary

本の感想ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告

「そして医師も死す」 D.M.ディヴァイン

ディヴァインの長編2作目。
本格物というよりサスペンス劇場ですね。

スコットランドの田舎町の診療所の医師が自宅で事故死する。
しかしその2ヶ月後、医師の死は殺人である証拠が見つかり、
死んだ医師の後妻エリザベスと、診療所の共同経営者だった若手医師アランに嫌疑がかかる。

アランは自分とエリザベスの嫌疑をはらすために調査を始めるけど、
これが完全に逆効果になってアランは町で孤立する。



とにかく、このアランがどうしようもないバカ。
思慮や配慮が全くない人間で、
ちょっと批判的なことを言われると頭にきて売り言葉に買い言葉、
相手を攻撃し、あげくに人の秘密から捜査の秘密までしゃべってしまう。
捜査に協力するどころか邪魔してるだけ。

でも本人は自分は絶対に正しいと思い込んでいる。
本当にイライラするキャラクターなんですよね。
なんでこんな人間が主人公なの??!

さらには、婚約者がいるのにエリザベスと不倫を疑われている。
だけど、もうわざと疑われるようなことをしてるとしか思えない。

アランはエリザベスを自分の寝室や家に泊め、
エリザベスはアランの家で勝手に電話に出たり、
アランの同僚に朝からパジャマ姿を見られたりする。
もうやりたい放題。

エリザベスはアランの婚約者であるジョアンについて、
結婚相手を選りすぐり計算づくで手に入れようとする女と酷評するけど、
それは自分のことでしょうが~

でもバカなアランは、そんなエリザベスの言葉に感化されて
ジョアンのことをアランを利用する勝手な女と思い始める。
でも疑惑の未亡人を泊めたり、そのことが噂になっても自分が悪いとは思わない。
そんなことでは婚約者が離れるのは当然なのにね。

翻訳出版が最後になった理由が納得できる駄作です。

スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2016 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。