kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「こわい部屋」謎のギャラリー 北村薫編

新潮文庫の「謎のギャラリー こわい部屋」ちくま文庫新装版。
ボーナストラックとして「価値の問題」が追加。

ホラーというより、世の中やっぱり人間が一番怖いという話が多いです。

こわい部屋: 謎のギャラリー (ちくま文庫)こわい部屋: 謎のギャラリー (ちくま文庫)
(2012/08/08)
北村 薫

商品詳細を見る


この中で特に読みたかったのは
「待っていたのは」ディーノ・ブッツァーティ。

カタストロフィに向かう流れに妙な現実感があってこわい。

汽車の乗継で見知らぬ駅に降り立った若い夫婦。
暑い車内で立ちっぱなしだった二人は、疲れきった体を休めるために
一晩の宿を探すけれど、なぜか宿はどこも満室。

やっと見つけた旅行者用休憩所で浴場を見つけたけれど、
そこにも長い行列ができていた。
しかも妻が身分証明者をなくしたために風呂にも入れない。

不満を抱えて外に出た二人は公園を見つけ・・・

若くて勝手な女性の悲劇。

異常なことなのに違和感のない流れで起こるところも恐ろしいけれど、
一番怖いところは、うっかりすると加害者の視点で読んでしまいそうになるところかもしれません。

二十六階の恐怖 ドナルド・ホーニグ

タイトル通り。
高所の恐怖というのは、進むも恐怖、戻るも恐怖。
どうにもこうにも二度と安全な場所に戻れないという恐怖なんですね。

ナツメグの味 ジョン・コリア

これも妙に身近な恐怖。
なんというか”スイッチ”がある人が増えた気がします。

全20編
チャイナファンタジー 南伸坊
7階/待っていたのは ディーノ・ブッツァーティ
お月さまと馬賊/マナイタの化けた話 小熊秀雄
四つの文字 林房雄
煙の環 クレイブ・ライス
お父ちゃん似 ブライアン・オサリバン
懐かしき我が家 ジーン・リース
やさしいお願い 樹下太郎
どなたをお望み? ヘンリィ・スレッサー
避暑地の出来事 アン・ウォルシュ
ねずみ狩り ヘンリィ・カットナー
死者のポケットの中には ジャック・フィニィ
二十六階の恐怖 ドナルド・ホーニグ
ナツメグの味 ジョン・コリア
光と影 フョードル・ソログープ
斧 ガストン・ルルー
夏と花火と私の死体 乙一
価値の問題 C・L・スイーニイ
スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・か行
  2. / トラックバック:1
  3. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2012 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

08  07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー