kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「追想五断章」 米澤穂信

米澤作品は4作目。
以前に読んだ3作は、どれも既存のミステリのパターンに当てはまらない意外性に富んだものだったけど、この作品も期待を裏切らない出来でした。



古書店でアルバイトをしている菅生芳光は、店を訪れた女性客から、ある依頼を受ける。

それは、その女性の父親が書いた5編の小説を探して欲しいというもの。
5編の小説は主に同人誌に投稿されたもので、すべてがリドルストーリー。
そして女性の手元には結末の1文だけが保存されていた。

菅生が、その父親を知る人に話を聞くうちに、
5編の小説は過去のある事件に関係するものだということがわかる。


最近、国内ミステリーを読み始めると眠くなって困っていたのですが、
この本は謎めいた冒頭から引き込まれて、久しぶりに一気読み。

挿入されているリドルストーリーが面白いんですよ。
そして隠されていたラストの1文も、また謎めいている。
この小説にはいったい何が隠されているのかと、最後まで引き込まれました。

余計なエピソードは最小限に押さえられて、
すっきりまとまっているところも読みやすい1冊。

以下はネタバレ感想です。


スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・や行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「第二の銃声」 アントニイ・バークリー

犯人探しというより、バークリーお得意の論理的実験小説。
言ってみれば「推理小説」への挑戦でしょうか。

第二の銃声 世界探偵小説全集 2第二の銃声 世界探偵小説全集 2
(1994/12)
アントニイ バークリー

商品詳細を見る


読み終わって最初に思い浮かんだのが東野さんの「名探偵の掟」。
「推理小説」そのものをネタにしているという点では、共通点があるような気がします。

現在では誰でも認識しているお約束、
本格ミステリーに登場するような凝りに凝ったトリックは現実の事件ではありえないこと、
警察の捜査は事実を積み上げていくもので、名探偵の論理的試行錯誤方式とはまったく違うということを小説の中で揶揄している。というと言い過ぎになりますが、名探偵(読者)の陥る罠を証明しようとしている作品ですね。

そういう仕掛けなので、犯人はすぐわかってしまうと思いますが、
そこからが、この小説のトリックです。
いわば、この作品全体が読者への挑戦なんですね。

事件の発端は犯人探しゲーム。
ゲームの筋書きの中で本当の殺人事件が起こる。
その場にいた人のほとんどに犯人である可能性がある。
それを証明は出来ないけれど、推察することは出来る。
そしてその推察を1つ1つ論破していく、ある意味、おなじみの手法です。

続きはネタバレ
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. アントニイ・バークリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「ロイストン事件」 D.M.ディヴァイン

ディヴァインはハズレがないですね。
これも面白かった。

ストーリーは途中で迷走してるように思えるのですが、
それも大きなトリックで、読み終わってみれば、すっかり騙されていたことに気付きます。

---------------------------------------------------------------
弁護士であったマーク・ロヴェルは、ある事件の裁判が原因で孤立し、
職を失い、家族とは疎遠になり、婚約も破棄される。
それでも自分が正しいことをしたと確信するマークは、すべてを捨てて町を出た。

しかし4年後、突然父親からの手紙で呼び戻される。
そこには「重大事が起こり助けが要る」とだけ書かれていた。

不審に思いつつも帰宅したマークだったが、父親はすでに出かけた後だった。
心当たりを探し回るマーク。
しかし彼が見つけたのはナイフを突き立てられた父の遺体だった。
---------------------------------------------------------------

あとがきにもあるように、事件そのものは単純な事件なので、
犯行の可能不可能を理詰めで追っていけば犯人にたどり着くことは出来ます。
ただ小説全体に仕掛けられたトリックで真相を見抜くことは難しいかもしれません。

詳しくは以下、ネタバレで。

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. D.M.ディヴァイン
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2010 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

10  08  07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー