kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「葬儀を終えて」 アガサ・クリスティ

ポアロもの。
これも評価の高い作品で、意外な犯人シリーズにも入るかもしれません。

最後まで読み終わったあとで、「えっ、そういうことだったの?」と、
もう1度読み返してしまいました。
たしかにどちらとも取れるように書いてはありますけどね・・・



富豪であるリチャード・アバネシーが自宅で急死。
葬儀の後、遺族が集まって遺言の発表を聞こうという時に
リチャードの妹であるコーラが突然「だってリチャードは殺されたんでしょう」と発言。
しかもその翌日、コーラは自宅で惨殺される。

この基本トリックは納得できない読者もいるんじゃないでしょうか。
正直私も疑問を感じてしまいました。
不可能というほどでもないですが。

これだけの大事件なのに警察の捜査もポアロの調査も徹底してない気がしたんですが、
そこもこのトリックを成立させるためには仕方ないことかもしれませんね。

でも真剣に探せばコーラの事件はもっと証拠が見つかりそうですよね。

続きはネタバレです。  本の感想一覧はこちらから

スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. アガサ・クリスティ
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「ねじれた家」 アガサ・クリスティ

ノンシリーズ。
事件を解くのはロンドン警視庁副総監の息子。

タイトルはマザーグースの1節から採られているけど、
童謡殺人という内容ではないですね。



--------------------------------------------------------

事件が起こるのは増築を繰り返して、ねじれたように見える大邸宅。
殺されたのはその屋敷の主、87歳のアリスタイド・レオニデス。
移民から一代で財を成した男が自宅で殺された。
外から侵入者の形跡もなかったことから犯人は内部の人間に限定された。

そのねじれた屋敷には彼の一族がすべていっしょに暮らしていた。
彼の息子二人とその家族、亡くなった最初の妻の妹、
若い後妻、子供たちの家庭教師。

ふつうに考えれば若い後妻が怪しいわけですが、
この家族には何か重大な秘密がありそうです。

----------------------------------------------------------

伏線がトリック関係ではなくて犯人の心理や状況を現しているところが特徴。
動機のミステリーとも言えますね。
見えてこないんですよ、動機がいつまでも。

犯人に関することはたくさん書いてあるのに見えないんですよ、それが。

犯人がわかってから読み返すと、ストレートに犯人を指して書いているとしか思えないのに、それがむしろ読者を惑わせる伏線になっているんですね。

まるで不思議絵みたいです。
影の部分に注目すると別の画像が見えてくる不思議絵があるけど、あれと同じ。
一度隠れた絵が見えてしまうと、もうそれしか見えないという。

それにしても、この一族の娘と結婚する総監の息子がすごい。

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. アガサ・クリスティ
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2008 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

月別アーカイブ

03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー