kigi's Book Diary

本の感想ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告

「氷の華」 天野節子

ネットで評判がよかったので図書館で借りてみました。
感想は、なんと言うか…、特に書くことがない(^^;)



たしかに面白いことは面白い。
でもなにか惹き付けられるものがなかったんですよ。
選評風に言えば、「インパクトに欠ける」かな。
2時間ドラマの原作のようだ、という印象から抜け切れませんでした。

そんな風に感じた理由としては、
いろんなことが都合よく起こりすぎること。
きれいにまとまりすぎてるということ。

そしてもう1つ、もしかしたら期待が大きすぎたのかもしれない。
この本のキャッチコピー
「誰かを殺してまで、守りたいものは何か…。
たった1本の電話が、何不自由なく暮らしていた主婦を殺人者へと変えた。」

これではつい「邪魔」のような話を期待してしまうではないか~
でもあそこまでの緊迫感はありません。
むしろ地道に捜査する刑事ものに近い感じです。

でも人気作家、有名作家の作品でも、このレベル以下のものはたくさんあるから
合格ラインは越えていると思います。
自費出版で、このレベルの小説に出会ったら感動するでしょう。
さらに著者は還暦にして、これがデビュー作だそうです。

本の感想リスト
スポンサーサイト
テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・あ行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

「夜想」 貫井徳郎

14日に書いた「光と影の誘惑」の巻末解説で、貫井さんはミステリーと社会派、
この2つの読者の間で宙ぶらりんの状態をさまよっていると書かれていたけど、
これはその社会派ファンへ向けた作品。
宗教と救いを扱っています。
検索でヒットした数や好意的感想を読むと、こちらのファンの方が断然多いのだと実感。
それにしては、内容はちょっともの足りないですが。




妻と子を事故で一度に失った男・雪藤と、
その悲しみに共感して男を救いたいと願う、若き美女・天美遙。
このふたりの葛藤と救いの物語。

こう書くとメロドラマのようですが、ただのメロドラマじゃありません。
天美遙が救いたいと願っているのは雪藤だけではなく、
生きていく上での様々な問題に苦しんでいる多くの人々。

そう、遙が解決するのは心理的なものではなく現世利益が中心。
恋愛の悩み、商売の悩み、家族の悩み。
だからこそ短期間に多くの人が群がってくる。

人が増えれば、それが組織になり団体になる。
しかし元々個々の悩みを解決してもらうことを目的として集まった集団なので、
組織に求めるものが違う。あるいは何を求めるべきなのかわかっていない。
その思惑の違いが 小さな分裂になり、やがて崩れていく・・・

「流されもの」ジャンルかと思ったら、ラストは予想外でした。
なにか組織論のようですね。

雪藤にしても遙にしても、どうしてその方向に行ってしまうのかな?
流されるままなのが、もどかしかった。

そういう意味では、雪藤より天美遙に共感しました。
遙に心酔している人たちのはずなのに、
遙の真意が伝わらないのが恐ろしい。
いっそ宗教にしてしまえば、もっと簡単なのかもしれないけどね。

人間の集団をコントロールする難しさを感じます。

娘を探している子安嘉子の存在は、ミステリーファンへのアリバイなのか、
社会派ファンへの抵抗なのか。
私は子安嘉子のストーリーをメインに書いてほしかったけど、
そういう読者は少数派のようです・・・

本の感想リスト
テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・な行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「光と影の誘惑」 貫井徳郎

中編4作を収録した作品集。98年発行。
これは当たり。
図書館であまり期待もせずに借りてきた本だったのですが、
4編とも仕掛けもののミステリーとして完成度の高い作品。



私、貫井さんについて完全に勘違いしてました。
貫井さんはこういうミステリーっぽい作品も書くのかと驚いてたら、
実は鮎川哲也賞候補作でデビューしてたんですね。
それならトリック好きも納得。

本書の巻末の解説で我孫子武丸さんが、貫井さんが本来書きたかった「トリッキィな
どんでん返し」と、話題になってしまった「重い社会派的、ドロドロした人間の暗い情念」を描いた作品と、「この2つの読者の間で宙ぶらりんの状態をさまよい」と書かれてるけど、たしかに私も情念作家と思っていました。
でもトリッキィな作品もこれだけ書けるなら、この分野をどんどん書いてほしいですね。

それにこの4編は単なるどんでん返しだけじゃないんですよ。
トリック自体はそれほど珍しいものでもないけれど、
そこに至るまでの人間描写や心理描写がうまいんですね~、やっぱり。
だから1つ1つの作品が読み応えがあります。

「長く孤独な誘拐」
「二十四羽の目撃者」
「光と影の誘惑」
「我が母の教えたまいし歌」

↓ネタバレを含む各話感想

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・な行
  2. / トラックバック:1
  3. / コメント:0

「生還者」 保科昌彦

渓谷沿いに建っていた旅館が土砂崩れで崩壊、
数十人が生き埋めになる。
しかし山間部のため救助活動は難航し、
崩壊から4日後に奇跡的に生き残った6人が救助された。
それから1年後、その6人が次々と謎の死を遂げる。




この作者は知らなかったのですが、ホラー小説大賞をしてるんですね。
そのためか帯にはサイコ・サスペンスと書いてあるのですが、
あまりサイコでもサスペンスでもないような・・・
文章が妙に冷静なのかもしれません。
たたみかけるような圧迫が感じられないので。

それよりも、ふつうのミステリーと思って読んだほうが面白く読めます。
なかなか仕掛けが凝ってます。

一言で言うと、ホラーにありがちな「前半だけは面白い」小説でした。

続きはネタバレ↓
テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・は行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「楽園」 宮部みゆき

久々に正統派の宮部作品を読みました。
ある家族に秘められた謎を解いていくという点では「火車」に近い作品。
もうひとつ、別の意味でも「火車」と共通するところがあります。



導入部では超能力やサイコメトラーなんて話が出てくるので、
また不思議話になってしまうのかと不安を感じましたけど、
それはきっかけのひとつで、基本的には現実社会の話。

主人公は「模倣犯」に登場した前畑滋子。
では「模倣犯」を読んでいないとわからない話なのかと心配される方も
いらっしゃるかもしれませんが、いわゆる続編ではないので大丈夫。
もちろん読んでいれば、より納得できますけどね。

前畑滋子は、実は私も覚えていませんでした(^^;)
でも小説の中にちゃんと説明が出てくるので、
「あ~、あの人か」と思い出すことが出来ます。

あらすじ
ある夫婦が高校生の娘を殺して自宅の床下に埋めた。
16年後、その自宅が火事になり、発覚を覚悟した夫婦は警察に自白する。
殺人はすでに時効になっていたので事件にはならず
事実関係の確認だけが行われたが、
発覚前にその事件を透視し、絵に残した少年がいた。
少年はなぜ事件を知ることが出来たのか?
前畑滋子は少年の母親の依頼で調査に乗り出す。


事件の謎解きというよりも、事実が次々に明らかになっていく過程が面白い。
思いがけない日常からヒントを得られたり
意外なところに探していた情報が隠れていたり、
まったく別の事実と事実がつながる面白さ。
これがこの小説の醍醐味で、まさに私の好みの小説でした。

調べものは好きなんですよ。
昔、バイトでレファレンスサービスのお手伝いをやったことがあったのですが、
調べながら自分でワクワクしてしまったことがよくありました。
まったく違う分野の本や雑誌から探してた情報を見つけた時なんかは、
すごい達成感がある。
あれは探偵に近いものがありますね。

ただ手放しで傑作といえないのは、ひとつの謎が謎のまま残っていること。
それが気になって仕方ない。
どなたかわかったら教えてください。
詳しくは↓の「続きを読む」のネタバレで。


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・ま行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:4


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2007 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。