FC2ブログ

kigi's Book Diary

本の感想ブログ

  • 2018_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告

「緑のカプセルの謎」 ジョン・ディクスン・カー

これも懐かしい作品です。
今回新訳が出たので30年ぶりくらいに読んだんですが、
こんなわかりやすい話だったかな?
謎も整理されているし、ヒントも充分書き込まれているし、
とても明解な謎解きミステリーでした。

カーは、解決が独善的だとか整合性がないという評価が多いけど、
もしかして翻訳が悪かったんでしょうか??

複数の人間が注目していて、撮影もされているという状況で起こった毒殺事件。
謎の提示も面白い。




目撃証言の信頼性を検証する実験はご存知の方も多いでしょう。
事件の映像を見せたり、あるいはその場で事件を再現し、
その後、その場にいた人たちの証言を集めると、一致しないことが多いという実験。

それを個人で実験しようとしたのがマーカス・チェズニー。
彼は自宅に身内や友人を集めて寸劇を見せ、
その後、用意した質問に答えさせることで、
人間の記憶のあいまいさを証明しようとした。

しかし、その寸劇の中で本当に自分が殺されてしまうんですね。
彼が毒を飲まされたシーンは複数の人間が目撃し、
さらに映像にも記録されていた。

映像が残っているというのは、かなりワクワクしますよね。

で、ここから犯人を割り出すことになるのはエリオット警部とフェル博士。

被害者となったマーカスが用意していた10の質問。
それを事件のあと、あらためて目撃者に問うのだけれど、
これが見事に食い違っている。
・机に箱があったか? あったならばどのようなものが?
・フランス窓から入ってきた人物の身長は?
など、質問自体にもひっかけがあって、これだけでもかなり面白い。

さらにその食い違いを映像で確認。
このあたりは検証はとても面白いんだけど、見ている人間がうるさかった。
「ほら私が正しい」「いや違う」って大騒ぎ。
小学生じゃないんだから(笑)

でも隣の部屋にいる人間の身長、6フィートと5フィート9インチは、
はっきり見分けられるものなんでしょうか。
ということで調べてみました。

ネットの換算表で見ると、6feetは182.88cm、5feet9inchは175.26cm。
マリノスならマルティノスと天野純くらいの差かな。
これならたしかに見分けられるかも。
代表でいうと、本田と香川の差くらいですね。

ちょっと話がそれましたけど、記憶していた内容よりかなり面白かったです。

続きはネタバレ反転↓
【 
終盤の銃撃事件は本当に単純な事故ということらしいので、
ちょっと余計な気がしましたね。

あと、読唇術のあたりはちょっと都合がよすぎました。


スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. ディクスン・カー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「火刑法廷」 ジョン・ディクスン・カー

200年前に処刑された毒殺魔にそっくりな女性。
壁に消える貴婦人。
納骨堂から消えた死体。

怪奇ロマンのように始まったストーリーが見事な伏線回収ですっきり解決、
と思いきや、さらに・・・
というお話。



結末に賛否がある作品ですが、論文じゃなくて小説ですからね。
謎があるのもまた楽しい。
読み終わった後にまた最初から読み返したくなるし、2度楽しめる作品です。

私がミステリーを読む楽しみは魅力的な謎。
パズルストーリーとして面白ければ、それで充分。
そういう意味ではベスト10には入る作品ですね。

中盤の登場人物たちの議論も
作品の中で登場人物が事件について議論する展開はかなり好きでして、
カー作品の魅力の一つだと思ってます。

新訳版


ちょっとネタバレ↓


オカルト的な謎が現実的に解明されるところはいいのですが、
「誰かに見られているような」は、実は警察が監視していた。
「消えた写真」は、本人が落としたことに気付かなかっただけ(笑)
「誰かに呼ばれているような」は、親切にも落し物を届けようとしてくれた人。
これは"オチ"なのか?(笑)


テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. ディクスン・カー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「ユダの窓」カーター・ディクスン

密室トリックばかりが取りざたされる作品ですが、
内容は意外にも正統派の法廷ミステリー。
そしてさらに意外にもH・M卿が本職で見事な仕事ぶりを見せてます!



事件の概要はプロローグの14ページで説明されることのみ。

・ジェームズ・アンズウェルは恋人の父親ヒュームに電話をして、
結婚の承諾を得るためにヒューム邸を訪ねる約束をする。
アンズウェルは由緒ある家系の出身で資産家。
当然、ヒュームも娘の結婚に反対する理由はなく、快く招待。

・ところが翌日、アンズウェルがヒューム邸を訪ねると父親の態度は一変。
敵対心剥きだしでアンズウェルを糾弾する。
わずか1日の間にどのような状況の変化があったのか?

・なんの心当たりもなく当惑するアンズウェル。
ヒュームに勧められるままにウイスキーを飲み意識を失う。
気が付いたときには部屋のなかでヒュームが死んでいて密室状態だった。

・アンズウェルは逮捕されて裁判が始まる。

この苦境からアンズウェルを救えるのか?

そこで登場するのが被告を弁護するH・M卿。

単純だと思われていた事件にこんなに関係者がいたのかと、
驚くほど次々に出て来る証人。
彼らの証言から隠されていた事柄が徐々に明らかになる。

それにしてもヒューム氏や関係者は、いろいろ胡散臭いことが多すぎる。
このあたりの緊張感と、それを台無しにするH・M卿の発言が絶妙。

基本的なところで難点もありますが、裁判の過程は面白いです。

以下【】内はネタバレなので反転してください。


そもそも事件のきっかけになった「キャプテン」と「キャプロン」の聞き間違いってあり得るのかな?
かりに聞き違えたとしてもアンズウェルという姓が同じなんだから
もう1度確認すればいいのに。
だいたい相手の態度でもおかしいと思うはずじゃないのかな。
ちょっと短絡的ですね。

もうひとつ、
そんなに都合よく鍵穴を覗きこむものなのかと納得できなかったけど、
その後に読んだ海外ミステリー3作品で、登場人物がみんな鍵穴から
覗いていたので、鍵穴付ドア文化圏では日常の風景と知りました(笑)。


テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. ディクスン・カー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「プレーグ・コートの殺人」 カーター・ディクスン

横溝正史が、この作品に刺激されて「本陣殺人事件」を書いたという密室の古典。
HM卿の初登場作品。

かなりオカルト趣味が強い作品で、これはちょっと苦手。

プレーグ・コートの殺人 (ハヤカワ・ミステリ文庫 6-4)プレーグ・コートの殺人 (ハヤカワ・ミステリ文庫 6-4)
(1977/07)
カーター・ディクスン

商品詳細を見る


事件が起こったのは幽霊伝説がある荒れ果てた屋敷。
その屋敷には中世の絞刑吏が埋葬されていて、
悪霊が取り憑いているという伝説がある。

その屋敷で降霊会が行われた。
除霊のために裏庭の石室にこもったのは心霊学者を名乗るダーワース。
しかし彼は石室の中で殺されてしまう。
それも絞刑吏が使っていたという剣で。

石室は入り口の他には鉄格子のはまった小さな窓しかなく、
入り口は二重に施錠されていた。
さらに石室の周りには発見者以外の足跡も残っていなかった。

心霊現象のような事件ですが、意外に現代的なトリックで解決します。
伏線も細かく張り巡らされていますが、さりげなくて、なかなか気がつかないかも。
読み終わったあとに、もう1度確認したくなります。

でも問題はとにかく暗いこと!
床板もはがれているような古い屋敷なので、灯りは蝋燭と懐中電灯だけ。
全体の構造もわからないし、誰がどこにいるのかもわからない。

登場人物のセリフのように、朝にならないとどうしようもない状況。
これこそ映像で見たい作品ですね。難しいでしょうが・・・

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. ディクスン・カー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「一角獣の殺人」 カーター・ディクスン

途中まではいろいろと大騒ぎが起こるドタバタ小説ですが、
解決編を読むと、実に細かく伏線が練られた小説ということがわかります。
ただし、推理に難点があるので本格ものとは言えませんが。



嵐で橋が落ち、閉ざされた古城で起きた不可能殺人。
しかもその城には怪盗フラマンドと、その怪盗を追う名警部ガスケが入り込んでいて、
さらに殺人方法はマザーグースの童謡に模した一角獣の角。
捜査するのは、これも嵐で緊急避難してきたH・M卿。

もうここまでで趣向が盛りだくさん。
序盤でお腹いっぱいという気分にもなってしまうんですが、
殺人が起きてからは、ちゃんとしたミステリーになります(笑)

その殺人には目撃者がいて、殺される瞬間も複数の人間が見ていたのだが、
被害者に近づいた人物は一人もいなかった。
しかも近くには隠れる場所もない。

しかも被害者の身元も、わからない。

それというのもフラマンドもガスケも変装の名人なので、
誰もが自ら名乗っている人物である保証がないという状況になっているわけです。
誰にも見破られない変装名人というのもすごいけど…

伏線がきっちり書き込まれていると書きましたけど、
トリックや捜査は適当なところもあります。
だからフランスを舞台にしてるらしい(笑)



テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. ディクスン・カー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「白い僧院の殺人」 カーター・ディクスン

古典ミステリー名作中の名作の再読です。
10代の頃に読んで衝撃を受けた1冊。

白い僧院の殺人 (創元推理文庫 119-3)白い僧院の殺人 (創元推理文庫 119-3)
(1977/01)
カーター・ディクスン

商品詳細を見る


H・M卿もの。

ロンドン郊外の古い屋敷、その別館で女優が殺されていた。
別館は池の中州に建つ館で、高く石を敷き詰めた歩道で外界とつながっていた。
遺体が発見された時、雪に覆われたその歩道には発見者の足跡しかついていなかった。

たしか中3くらいで読んだ作品です。
本当に久しぶりの再読だけど、また騙された(^^;)

足跡をつけずに出入りした犯人について、登場人物たちが様々な推理を発表します。
そこで論議されるトリックは、ミステリー好きならほとんど知っているものばかり。
でも当然、そのどれも当てはまらないわけですね。
真相はちょっと肩透かしかもしれないけど、充分意外です。

国王も滞在したという古い屋敷の謎めいた雰囲気、
(廊下の電灯を消すと真の闇になる屋敷ってすごいわ)
不可能犯罪と、論理的、かつ合理的結末。

本格推理のすべての要素が、集約されている作品ではないかと思いますね。
作者の意図、詐術、伏線、仕掛け、犯人、いろいろな要素が詰め込まれています。

続きはネタバレ感想です。

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. ディクスン・カー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

kigi

  • Author:kigi
  • ◆メールフォームは下にあります。
    ◆TBは承認制です。

    ◆↑画像 by Riepeach(photost.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

04  03  02  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。