kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「九マイルは遠すぎる」ハリイ・ケメルマン

学生時代にいろいろな議論をした懐かしい本。
ミステリー系のサークルでは、必ず取り上げられる作品の1つですよね。

九マイルは遠すぎる (ハヤカワ・ミステリ文庫 19-2)九マイルは遠すぎる (ハヤカワ・ミステリ文庫 19-2)
(1976/07)
ハリイ・ケメルマン

商品詳細を見る


探偵役は、まだ40代後半なのに白髪頭で皺顔の妙な存在感がある英文学教授
ニッキイ・ウェルト。
聞き手のワトソン役は、その友人で元法学部教授の郡検事。
この2人が大学とその周辺で起こった謎めいた事件を解いていく。
アームチェア・デテクティブの連作短編集。

特に表題作の「九マイルは遠すぎる」は論理パズルミステリの傑作。

推理の元となるのは11の単語からなる文章。

「九マイルもの道を歩くのは容易じゃない、ましてや雨の中となるとなおさらだ」
「A nine mile walk is no joke, especially in the rain.」

この1つの文章から推論を重ねて殺人事件に至るというのだから、期待しますよね。

まずニッキイ教授が指摘する推論は、
・話し手はうんざりしている
・雨が降ることを予想していなかった、など。
このあとも次々に仮説が立てられ、それが現実と結びついていく。

短い作品ですが、謎解きの醍醐味が味わえます。

他に7作品を収録。
どれもちょっとした矛盾から真相を突き止める、ひたすら論理的なミステリー。
読み終わってしまうのがもったいないような短編集です。
スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 古典名作ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「キドリントンから消えた娘」 コリン・デクスター

これも名作シリーズかな。

若い娘の失踪事件をモース警部が捜査。
すべての関係者が容疑者となるが、捜査が進むうちに、すべての関係者の容疑が晴れてしまう。
これはもう犯人版「そして誰もいなくなった」!
事実、38章のエピグラフには「そしてそれから2人になった」と書いてあるくらいなので、私の連想だけではないかも。

キドリントンから消えた娘

キドリントンから消えた娘

価格:756円(税込、送料別)



----------------------------------------
昼休みを終えて高校に戻る途中で姿を消した娘。
警察の捜査捜索にもかかわらず消息不明のままだったが、
失踪の2年後、突然家族の元に消えた娘から手紙が届く。

その手紙を手掛かりに再捜査が開始されるが、担当した刑事が事故死してしまう。
事件の背景には何が隠されているのか?
捜査はモース警部に託された。
----------------------------------------

娘の家族や友達、学校関係者を一人づつ取調べていくと、
さっそく怪しい事実を発見。
それを元に仮設を立て、容疑者を特定するモース。
これで解決かと思うと、新事実が出て来て容疑者の犯行が否定される。
すぐに次の容疑者探し犯行仮説を立てるも、また新証拠が出て容疑が晴れる。
ずっとその繰り返し。

モースの仮説では、娘自身も生きていたり死んでいたりするので、
殺人事件から単なる家出説まで、仮説も様々。
この事件は本当に解決するのかと心配になった頃、急転解決。
なにかいきなり一件落着で、真相に付いていけなかった(笑)

とにかく真面目なのかドタバタなのかよくわからない(笑)
次々に仮説を立てて犯人を決め付けるけど、証拠はないしね。
強いて言えば、推理の迷走が楽しい一作です。


テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 古典名作ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「プレーグ・コートの殺人」 カーター・ディクスン

横溝正史が、この作品に刺激されて「本陣殺人事件」を書いたという密室の古典。
HM卿の初登場作品。

かなりオカルト趣味が強い作品で、これはちょっと苦手。

プレーグ・コートの殺人 (ハヤカワ・ミステリ文庫 6-4)プレーグ・コートの殺人 (ハヤカワ・ミステリ文庫 6-4)
(1977/07)
カーター・ディクスン

商品詳細を見る


事件が起こったのは幽霊伝説がある荒れ果てた屋敷。
その屋敷には中世の絞刑吏が埋葬されていて、
悪霊が取り憑いているという伝説がある。

その屋敷で降霊会が行われた。
除霊のために裏庭の石室にこもったのは心霊学者を名乗るダーワース。
しかし彼は石室の中で殺されてしまう。
それも絞刑吏が使っていたという剣で。

石室は入り口の他には鉄格子のはまった小さな窓しかなく、
入り口は二重に施錠されていた。
さらに石室の周りには発見者以外の足跡も残っていなかった。

心霊現象のような事件ですが、意外に現代的なトリックで解決します。
伏線も細かく張り巡らされていますが、さりげなくて、なかなか気がつかないかも。
読み終わったあとに、もう1度確認したくなります。

でも問題はとにかく暗いこと!
床板もはがれているような古い屋敷なので、灯りは蝋燭と懐中電灯だけ。
全体の構造もわからないし、誰がどこにいるのかもわからない。

登場人物のセリフのように、朝にならないとどうしようもない状況。
これこそ映像で見たい作品ですね。難しいでしょうが・・・

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 古典名作ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「殺意」 フランシス・アイルズ

「伯母殺人事件」「クロイドン発12時30分」と共に、
三大倒叙ミステリーと言われている作品。
「伯母」「クロイドン」は好きなんですが、これは苦手。

簡単に言えば、うるさい妻を殺そうとする浮気性の開業医の話です(笑)

倒叙ミステリーの面白さといえば、犯罪者の自己中心的な心理の破綻、
犯行の過程でのミスを探すこと、警察・探偵の追求と言い逃れる犯人の応酬、
そういうものだと思うけど、そのどれもが満たされていないような気がします。

異常心理と言ったって、登場人物が全員屈折してるから、
犯人もあまり破綻しないし・・・

退廃主義の小説家が、愛人との生活を自己弁護的に描く私小説だと思えば、
それなりに評価できるのかもしれないけど、私小説も苦手です(^^;)

ただラストは意外性ありです。そこはバークリーらしい。
このラストのため小説のようです。

殺意 (創元推理文庫 (124‐1))殺意 (創元推理文庫 (124‐1))
(1971/10)
フランシス・アイルズ

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 古典名作ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「はなれわざ」 クリスチアナ・ブランド

これはまた挑発的タイトルとでも言うのでしょうか。
トリックの「はなれわざ」というより、推理小説としての「はなれわざ」ですね。



このトリックはいくつかの前例があるし、ミステリー作家が1度は挑戦するトリックとも
言えますが、これだけ長いのは、やはり"はなれわざ"

クリスチアナ・ブランドの作品は、容疑者が限定されるクルーズド・サークル的な作品が
多いということですが、この作品も一応「孤島もの」。
ただし、完全に閉ざさた孤島ではなく、そこは観光地でもある密輸と海賊の島。

イタリアの孤島を訪れたイギリスの観光ツアー。
彼らが滞在する島のホテルで、そのツアー客の一人が殺される。
容疑者はツアーの中で被害者と交流があった6人。
しかし、犯行時刻にはその全員が浜辺や海に出ていて、
ツアーに参加していた警官に目撃されていたという不可能犯罪。

ホテルには他の観光客がいるし、島の住人もいる。
もちろん警察もある。

でも、この警察がいいかげんな捜査しかしないので科学捜査は一切なし。
指紋はとらない、血痕は調べない、凶器もアリバイも関係ない。
印象だけで犯人が決まる、恐るべき警察。

そんな中で容疑者ともされるツアー客の面々は、かばい合い、疑い合い、
島から出るために推理を続けます。

人物描写が詳しくて長いので飽きそうになりますが、
それこそがポイントなので注意深く読みましょう。

続きはネタバレで
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 古典名作ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「七人のおば」 パット・マガー

中学生の頃から読んでみようと思いつつ、何回か挫折。
やっと最後まで読みました。
評価の高い作品だけど、正直な感想はそこまでの名作とは思えないかな。

結婚してイギリスに住むサリーはアメリカの友人から手紙を受け取った。
そこにはサリーのおばの一人が夫を殺して自殺したと書いてあったのだが、
肝心のおばの名前が書いてない。なにしろサリーには7人ものおばがいるのである。
サリーと夫は過去の出来事からどのおばが夫を殺したのかを推理する。

漢字だと伯母と叔母の書き分けがあるから、ひらがなでしか書けない意味がわかりました。

七人のおば (創元推理文庫)七人のおば (創元推理文庫)
(1986/08)
大村 美根子パット・マガー

商品詳細を見る


犯人も被害者もわからない中で、過去の記憶だけをたどって事件を推理する。
着想は面白いけど、想像してた内容とは違ってました。
私の想像では、おばの一人ひとりを採り上げて、犯人である可能性を推理していくのかと
思っていたんですが、大家族の物語が中心。

7人のおばは父方と母方に分かれているのではなくて全員が姉妹。
姉妹の親は亡くなっているので、すでに結婚し裕福な暮らしをしていた長姉の家で育つ。
若い姉妹が7人もいれば修羅場になるのは想像できるけど、
その想像の上を行くすさまじい姉妹でした。これってドロドロドラマになりますね。

犯行を犯した「おば」は、だいたいわかります。

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 古典名作ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「伯母殺人事件」  リチャード・ハル

1934年に発表された古典です。
三大倒叙ミステリーの1つなので、
推理小説が好きな人なら読んだことはなくてもタイトルだけは知っているだろう作品。

私も学生時代から読みたいと思いつつ未読だったわけですが、
今回たまたま書店で見かけて、やっと読むことができました。


テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 古典名作ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

11  10  08  07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー