kigi's Book Diary

本の感想ブログ

  • 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告

「第二の銃声」 アントニイ・バークリー

犯人探しというより、バークリーお得意の論理的実験小説。
言ってみれば「推理小説」への挑戦でしょうか。

第二の銃声 世界探偵小説全集 2第二の銃声 世界探偵小説全集 2
(1994/12)
アントニイ バークリー

商品詳細を見る


読み終わって最初に思い浮かんだのが東野さんの「名探偵の掟」。
「推理小説」そのものをネタにしているという点では、共通点があるような気がします。

現在では誰でも認識しているお約束、
本格ミステリーに登場するような凝りに凝ったトリックは現実の事件ではありえないこと、
警察の捜査は事実を積み上げていくもので、名探偵の論理的試行錯誤方式とはまったく違うということを小説の中で揶揄している。というと言い過ぎになりますが、名探偵(読者)の陥る罠を証明しようとしている作品ですね。

そういう仕掛けなので、犯人はすぐわかってしまうと思いますが、
そこからが、この小説のトリックです。
いわば、この作品全体が読者への挑戦なんですね。

事件の発端は犯人探しゲーム。
ゲームの筋書きの中で本当の殺人事件が起こる。
その場にいた人のほとんどに犯人である可能性がある。
それを証明は出来ないけれど、推察することは出来る。
そしてその推察を1つ1つ論破していく、ある意味、おなじみの手法です。

続きはネタバレ
スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. アントニイ・バークリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「ロジャー・シェリンガムとヴェインの謎」 アントニイ・バークリー

途中までの展開があまりに軽いので、すっ飛ばしそうになってしまった・・・

饒舌なロジャーと頭を使わないアントニイ(笑)、現実派のモーズビー警部の
絶妙な会話で、軽いミステリーと見せて、複雑な仕掛けのある作品でした。

ロジャー・シェリンガムと従弟のアントニイはクーリア紙の依頼を受けて、
ヴェイン夫人の転落事件を取材に出かける。
そこにはすでにモーズビー警部が乗り込んできて捜査を始めていた。



推理小説・探偵小説の誕生から、大まかに言って100年くらいの年月が経っている。
その間、現在まで様々トリックや仕掛けが生み出されてきた。

発表当時は斬新なアイデアも、その後、模倣され応用され、量産されて、
ありふれた様式・型となって定着してしまう。

この小説を出版当時に読んだとしたら、衝撃を受けたかもしれないけど、
いろいろなミステリーを読んだあとでは、もう驚かないですね。

前作の「ウィッチフォード毒殺事件」で、犯罪ドキュメンタリーを見て推理してる視聴者のようと書いてしまったけど、それを高度に発展させた作品。

続きはネタバレ

  1. アントニイ・バークリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「ウィッチフォード毒殺事件」 アントニイ・バークリー

これは残念ながら苦手なパターンでした。

イギリスで現実に起こった毒殺事件を元にしたミステリーということだけど、
そもそも元になったその事件を知らないというハンデがある。
なので、小説の最初から時系列に沿った事件の説明もなく、どうしても情報が少ない。

それなのにロジャーはじめ、登場人物たちは盛り上がっているので、
まったく物語に入り込めない。

新聞でウィッチフォードで起こった毒殺事件を知ったロジャーが、
アレックを伴って現地に入り、そこで令嬢と3人で事件を調べるのだけれど、
今回は事件に何の関係もない第3者なので、もちろん被疑者に会うことも出来ないし
警察の捜査の状況もわからない。
完全に事件の外側から調査をするだけです。

なんとなく犯罪ドキュメンタリーを見て、あれこれ推理する視聴者のような・・・
まあ、でも最後は見事な解決があります。



テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. アントニイ・バークリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「レイトン・コートの謎」 アントニイ・バークリー

1925年発表のバークリー第1作。2002年に翻訳出版。

私がバークリーを読んだ順番は、
毒入りチョコレート事件→最上階の殺人→ジャンピング・ジェニィ
これはもしかしたら最良の順番だったかもしれません。
この「レイトン・コート」が一番だったら、見限っていたかも(笑)



実業家のスタンワースは、ひと夏の滞在先としてレイトン・コートを選んだ。
数人のゲストも招かれていたが、その一人がロジャー・シェリンガム。

しかしある朝、そのスタンワースが書斎で自殺しているのが発見される。
書斎はドアも窓も施錠されていて、完全な密室になっていた。
警察も自殺で処理しようとしていたが、ロジャーは銃弾の痕を見て自殺説に疑問を持つ。


一番最初に浮かんだ言葉は「行き当たりばったり」(笑)
ロジャーは1つの証拠を見つけると、そこから謎解きストーリーを推理、
さっそく、その推理を確認に行くけれど、だいたいがっかりして帰ってくる(笑)

これはもう読者の視点ですよ。
あ、絶対こいつが犯人だ → なんだ違うのか・・・
最後までこれの繰り返し。

世の名探偵はわずかな手掛かりから、その裏に隠された秘密を見抜き、
「あなたが隠していることはすべてわかっています」と宣言するものだけれど、
ロジャー氏は、そこで自分の予想と違う告白をされて、
「そんな重大なことを隠していたのか」って感じで、驚く。

推理して真相がわかっていたんじゃなかったのね・・・

まあ、探偵が驚くくらいだから読者も驚くわけで、
そういう意味でも、結末がわかってから、もう1度読み返すと面白いです。

ジャンル分けをすると、動機探し・・・でしょうか。

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. アントニイ・バークリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「ジャンピング・ジェニィ」 アントニイ・バークリー

まだこんな傑作が未読だったとは。面白いです!



こういう形式のミステリーは、はじめて読むような気がする。
詳しくはネタバレになるので下で隠して書きますが、
犯人探しと倒叙物がいっしょになっているような、面白い仕掛けです。


ロジャー・シェリンガムが招かれたパーティは、
参加者が有名な犯罪者に仮装して集まるという変わった趣向。
しかも屋上には絞首台が作られ、藁人形までぶら下がっていた。
深夜になり参加者も一人二人と帰った後、屋上の藁人形が参加者の一人に入れ替わっていた。


なかなか絵的には怖いですが、もとはユーモアミステリー作家さん。
けっこうジタバタしたお話です(笑)

続きはネタバレで。

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. アントニイ・バークリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「絹靴下殺人事件」 アントニイ・バークリー

バークリーの4作目で、「毒入りチョコレート事件」の前年に書かれた作品。
「最上階の殺人」が8作目だから、今のところ新しい作品から遡って読んでることになるわけで、キャラクターシリーズでもあるし、やっぱり発行順に読んだほうがわかりやすいかもしれないですね。



ロジャー・シェリンガムは新聞に連載しているコラムの読者から手紙をもらう。
それは消息のわからない娘を探して欲しいという依頼。

その娘は家計の苦しい家を出てロンドンで働いていたが、
急に音信がなくなり家族は心配していた。
同封されていた娘の写真を新聞社の人間に見せたところ、
彼女がコーラスガールとして舞台に立っていたことがわかる。
そして娘の芸名から、彼女がストッキングで首をつって自殺していたことが判明。

この結果を、娘の家族にどう伝えようか悩んでいる時に、
同じ方法で自殺した娘が複数いることがわかった。
連続する若い女性の自殺の影に、共通する人物の存在を感じたシェリンガムは独自に調査を始める。

これは先に読んだ2作とは違って、推理ゲームのような論理の遊びではなく、
探偵としての行動がメイン。

仮説の検証がなくて、いきなり行動に移るところや、
証拠はあまり重要視せずに、行動で犯人を追い詰めて行く過程はあまりにふつうで、
なにか物足りなさを感じてしまいました。

続きはちょっとネタバレ

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. アントニイ・バークリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「最上階の殺人」 アントニイ・バークリー

おお~これは爽快。見事な騙しの技に拍手アップロードファイル



マンションの最上階に住む老婦人が殺され、現金が入っていた小箱が盗まれる。
室内は荒らされ、窓からはロープが下ろされていて、
マンションの塀を越えて逃げる怪しい男が目撃されていた。
警察は単純な強盗殺人事件として強盗常習犯をリストアップする。

一方、事件現場の捜査を見学していたロジャー・シェリンガムは、
残された証拠の矛盾から独自の推理を展開する。

1つ1つの事実と証言をもとに、仮定と可能性を追求し、それによってある仮説に至る。
そこから矛盾する事実を排除して、新たな仮説を作る。
それの繰り返しで事件を吟味、ついに至った1つの結論。

それは読者が事件直後から密かに抱いていた疑いと一致する。
さすがの名推理・・・


ということですが、これは賛否がある小説のようですね。

推理小説というのはなにか?
言うまでもなく警察の捜査とは別のもの。
警察は事件の真相を究明し、犯人を捕まえることが目的。

推理小説は推理の過程を楽しむもの。
騙される快感を味わうものと定義すれば、これほど見事な騙しはなかなかない。
そういう意味では、この小説はまさにロジックの遊び。

まじめな刑事が深刻な事件を解決するような小説を好む方には、
あまりお薦めできない小説。
推理パズル的なものが好きな方には楽しめると思います。

以下はネタバレ注意。
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. アントニイ・バークリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。