kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「追想五断章」 米澤穂信

米澤作品は4作目。
以前に読んだ3作は、どれも既存のミステリのパターンに当てはまらない意外性に富んだものだったけど、この作品も期待を裏切らない出来でした。



古書店でアルバイトをしている菅生芳光は、店を訪れた女性客から、ある依頼を受ける。

それは、その女性の父親が書いた5編の小説を探して欲しいというもの。
5編の小説は主に同人誌に投稿されたもので、すべてがリドルストーリー。
そして女性の手元には結末の1文だけが保存されていた。

菅生が、その父親を知る人に話を聞くうちに、
5編の小説は過去のある事件に関係するものだということがわかる。


最近、国内ミステリーを読み始めると眠くなって困っていたのですが、
この本は謎めいた冒頭から引き込まれて、久しぶりに一気読み。

挿入されているリドルストーリーが面白いんですよ。
そして隠されていたラストの1文も、また謎めいている。
この小説にはいったい何が隠されているのかと、最後まで引き込まれました。

余計なエピソードは最小限に押さえられて、
すっきりまとまっているところも読みやすい1冊。

以下はネタバレ感想です。


スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・や行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「インシテミル」 米澤穂信

ミステリーマニアがいっぱい釣れそうな小説(笑)
本格ミステリーへのオマージュというよりパロディに思えました。
東野圭吾さんの「名探偵の掟」はお笑い版だったけど、こちらは深刻版。

ただ須和名祥子は富豪刑事の深田恭子みたいでしたけどね。
この須和名祥子の存在が全体の謎なんですよね。
そのために、どの視点で読んだらいいのか最後まで迷ってしまいました。


テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・や行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「悪人」 吉田修一

事件報道の裏にあるものを想像させるストーリー。



若い女性が出会い系サイトで知り合った男性に会いに行ったまま姿を消し、
翌日、遺体となって発見された。

最近よくある事件の概要と同じ。
どんな文章で伝えられるのか、コメンテーターと言われる人たちが
どんな言葉で批判するのか、簡単に想像できる事件。

でも1つの事件が起こるまでには、その時までそれぞれふつうに生きてた人の、
ふつうだと思われていた人生があるんですよね。
ここに登場する若者たちも、自己中心的であったり社会性がなかったり、
多少の問題は持っているけど、極端に悪い人間でもない。

でもある日、なにかがちょっと変わる。そこでつまずくか逃れるか。
もし、その陥穽を乗り越えれば、彼らもまたふつうの人生に戻っていったことでしょう。

悪人が事件を起こすのではなくて、事件を起こした人間が悪人とされるということかな。
悪いことばっかりしてるのに、不思議と事件に関わらないで、
平穏な晩年を過ごす人もいますからね。

平穏な日が明日も続くかどうかは、ちょっとした差。
人間は紙一重のところで生きてるのかもしれないと思わせるところが怖いです。

なぜか映画の「太陽がいっぱい」を思い出しました。



テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・や行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「ぶたぶたと秘密のアップルパイ」 矢崎存美

ぶたぶたさんの新作です。
今回のぶたぶたさんは会員制喫茶店のパティシエ。
新作デザートを作りながら、秘密のアップルパイを焼いてます。

そして喫茶店にやってくるお客さんの秘密にも関わる。
このシリーズ、一時期つらい話が多かったけど、今回はわりとあっさりしてるかな。
ちょっとだけ怖いところもあるけど。



コーヒーとアップルパイの組み合わせは最強(^o^)

アップルパイって、不思議な魅力がありますよね。
単なるお菓子ではない。
はじめてのお店でもアップルパイがあると、つい注文してしまう。
私は生地があまり堅くなくて、りんごは堅めでシナモンが利いたのが好き。
でも、ぶたぶたさんのアップルパイにはシナモンは入ってないそうです。

コーヒーを煎れる、ぶたぶたさんがかわいい♪

本の感想リスト


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・や行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:4

「闇の底」  薬丸 岳

あらすじや書評を読んだ時は、どうしようもなく暗くて重い小説かと思ったのですが、
イメージしていたものとは、かなり違った内容でした。



幼女に対する性犯罪、その犯人たちを連続して襲う猟奇殺人、
事件はセンセーショナルでテーマは重いものですが、
小説の内容は、その重さを突き詰めたものではありません。

犯罪をどの視点で描くのか。
遺族なのか、犯人なのか、警察なのか。
そのすべてを描くには短かすぎましたね。
それぞれの内面描写が浅くなってしまったと思います。

むしろ犯人探しミステリーの要素が強い。
ミスリードが見事。油断してたからすっかり騙されました。

結末については、小説なのであれでいいと思いますが、
警察や国が適切な方策を講じてないからあんなことになってしまったわけで、
そこが一番深いところかもしれません。

でもこの小説の構成だと、国家の責任という視点では描けないよね。
だからミステリーとして描いたということかな・・・。
テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・や行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「百万のマルコ」 柳広司

帯に「黒後家蜘蛛の会」「邪馬台国はどこですか?」などがお好きな方へー
と書いてあったので読んでみました。



捕虜になってジェノヴァの牢に入れられたマルコ・ポーロが
同じ房に囚われている捕虜たちに旅先であった不思議な話を披露し、
その謎解きをするという連作。
文庫本1冊に13編の短編といえば、1編の長さは想像つきますよね。

黄金の国や常闇の国、パズルやなぞなぞのような話、
お題話のようなものもあり、それぞれ気軽に読めます。
特に避暑地でのんびり読むには適当でした。

  1. 国内作家・や行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

本 「氷菓」 米澤穂信

いわゆる「日常の謎」パターン。
高校生が学校にまつわる不可解な謎を解いていくわけだけど、
実は最初のフレーズで挫折しそうになった。

  「高校生活といえば薔薇色、薔薇色といえば高校生活、
   と形容の呼応関係は成立している」

これってアイロニーだとは思うんだけど、その後のストーリーを見ると
そうでもないのかなと思ったり。
でも現役高校生が読んだらギャグだよね。

それでも読んでみようかと思ったのは「犬はどこだ」が面白かったことと、
お姉さんの手紙に興味を引かれたから。
このお姉さんはなかなか面白そうな人だから、お姉さんの話の方が読んでみたい。

「氷菓」についての謎解きは、あまりにアレなんだけど、作者としても
非難回避のためか、伏線&予防線は、これでもかってほど書き込まれてます。

読んでいる時はそれなりに面白いので、時間つぶしにはいいかも。

shortさんにいただいた本です。
変な感想でごめんm(__)m

本の感想リスト
テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・や行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

◆「天使のナイフ」感想アップ

天使のナイフ」薬丸岳アップしました。
これは図書館で借りた本だけど、半年待ちだった。
でも面白かったですよ。
少年犯罪という重いテーマだけど、それだけでなく、犯人探しミステリーにもなってます。

◆本の感想リスト◆


  1. 国内作家・や行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

11  10  08  07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー