kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「どんなに上手に隠れても」 岡嶋二人

前回書いた「99%の誘拐」より、こちらの方が面白かった。

テレビ局から売出し中のアイドルが誘拐される事件。
まだ新人なのでスタッフも少なく、控室で一人になったところを連れ去られた。

身代金は1億円。
所属事務所にはお金がないので、
身代金はCM出演が決まっていたスポンサーが肩代わりすることになる。
その裏には、人質解放と同時にCMを流せば
一気に商品の知名度が上がるという計算があった。
そこから代理店、フリー記者など、様々な利害が絡んできて
奇妙な誘拐事件になっていく。

なんでもお金に換算する世界は怖い。

裏でいろいろ損得勘定をする芸能・マスコミ界も面白いけど、
なんといっても身代金受け渡しがスリリングでユニーク。
これは盲点でしたね。

そういう点で、今でもトップレベルの誘拐小説だと思いますね。

スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・あ行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「99%の誘拐」 岡嶋二人

「鞆の浦」で思い出して読み返したくなった作品。
1988年の作品なので、28年ぶりくらいの再読。

実は前に読んだときに、ものすごく面白かった記憶があったんですが、
今回再読したら、記憶していたよりあっさりした事件だった。

PCを駆使した誘拐事件ですからね。
当時は驚きの機能の数々も、今なら当たり前のことばかり。
ゲームを町に持ち出すことなんて、28年前なら斬新ですよね。

今読むと、むしろ第1章で起こる事件の方が緊張感があって面白かったです。
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・あ行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「翳りゆく夏」 赤井三尋

第49回江戸川乱歩賞受賞作にして、キムラ弁護士絶賛という本。

それなのに、実はあまり期待しないで読みました(^^;)
でも小説としては充分面白かったです。
ただ、乱歩賞だと思うとがっかりしますね。ごくごくふつうの事件小説です。

翳りゆく夏

翳りゆく夏

価格:730円(税込、送料別)



20年前に起こった乳児誘拐事件。
その犯人の娘が大手新聞社に記者として採用された。
その事実を週刊誌にスクープされたことから、
新聞社は独自に誘拐事件の再調査を始める。

誘拐犯である娘の父親は、事件当時に逃走の過程で共犯者とされる女性と共に事故死。
しかし、さらわれた赤ん坊の行方がわからなかったことから、
さらに共犯者がいる可能性も指摘されていた。


20年前に起こった誘拐事件を再調査していく過程は面白い。
再現ビデオのように描かれる事件当時の状況も緊張感がある。
でも、それ以外のところは中途半端な印象です。

当事者である娘と、その友人たちの性格がわかりにくい。
しかも、そのわかりにくさは「変わった性格の娘」で片付けられてしまう。

また、お手伝いの千代さん。
「お嬢さんの気持ちを解きほぐせる秘策」も予想とおりの内容。
まさかそういう話をするわけじゃないだろう?と思ったら、
そういう話しか言わなかった。これはびっくり。
あれで説得されるのは、よほど素直な人だけだろうと思うけど、
よほど素直なお嬢さんだったということです。

誘拐犯の娘が新聞社に記者として採用されたということは、
再調査のきっかけでしかないのだから本人を登場させる必要はないのでは?
若い女性を登場させなければ!というテレビ的サービスのような気がします。
そんなドラマ脚本的サービスが多いのも散漫な印象になる要因かも。

この小説にはいくつかの問題が含まれています。
・犯罪者の家族の問題
・犯罪によって子供を失った親の悲劇
・新聞社や報道の姿勢

でも、どれも中途半端で終わってしまう。
最初から最後まで「なあなあ」で終わる事件ですね。

  1. 国内作家・あ行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「汝の名」  明野照葉

なんともうっとうしい女たちの話です。
主人公は同居している30代半ばの女二人のなのですが、
二人が二人とも、女として勝ち組か負け組かという判断基準しか持っていない。



二人のうち一人は都心のマンションに住み会社を経営する、
自分は勝ち組と思ってる女性、
もう一人は彼女に生活を依存する引きこもりの負け組女性。
立場は違いますが、考えていることは同じ。

・女として勝ち組になること
・人生は勝つか負けるかの勝負
・負け組のままでは終わらない

では彼女らの考える勝ちとはなにか。
金、仕事、社会的な地位、恵まれた暮らし、恋、情事、見た目の美しさ、
そして、それらすべてに対する他人の羨望。

条件に結婚が入っていないところは現代的なのかな。
社会的な地位や恵まれた暮らしも夫に依存してものであっては、
女として勝ったことにはならない。自分の力で勝ち取ってこそ価値がある。

そういうところは潔くて同感できますが、最初から最後まで勝つか負けるかということしか
書いてないので、読んでるほうが疲れます。

もうひとつ彼女らがこだわるのが本物と偽物。
ブランド品から男まで偽物には価値がないということ。
では彼女たちが持っているものがすべて本物かというと、そうでもないんですよね。

ここまで勝ち負けだけを考えて生きていれば、どこかで破綻が来るのは当然だけど、
その崩壊が中途半端なところがもの足りなかったです。
もっと突き抜けた破滅を描いた小説もありますしね。
復讐もチマチマしてる(笑)

そしてラストですが、そんなところで終わっていいのか?と不満が残りました。
要するに二人とも凡人です。

続きは結末に言及しています。
テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・あ行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「六つの手掛り」 乾 くるみ

数にまつわる謎解き連作短編集です。これは面白かった。
最後まで読むと拍手したくなります。お見事(^-^)//""



6編の謎解きをするのは林茶父という(はやし さぶ)という叔父さん。
表紙のイラストでわかるように、小太りのチャップリンという容姿。
手品とパントマイムが特技ということで、推理はパズル的な謎解きです。

メインの謎解きも面白いですが、登場人物の名前やキャラなど、遊びの部分も面白いですよ。

続きは1編ごとの感想です。ネタバレはなし。

テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・あ行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「赤い月、廃駅の上に」 有栖川有栖

鉄道をテーマにした幻想小説集。全10話。

表紙とタイトルにひかれて読んでみたけど、
なんとなく全体的には消化不良で終わってる作品が多いような気がしました。
オチがないというか・・・、
希望としては、もうひとつ深いところまで描いてほしかったですね。

そういう点では「最果ての鉄橋」が面白かったです。
まさにオチがついたという結末なので。

怖かったのは「黒い車掌」
これは本当にありそうな話なので、身に迫ってくる怖さがありました。
実際にあったいろいろな【事故】を思い出すし、ラストはショッキング。

タイトルになっている「赤い月、廃駅の上に」は、よくあるホラーという感じ。
もう少し違う怖さを期待してました。

「密林の奧へ」もけっこう好きです。
植物の生命力の凄まじさは、時に脅威ですからね。
何があっても最後まで生き残ると思います。



テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・あ行
  2. / トラックバック:1
  3. / コメント:2

「茶々と秀吉」 秋山香乃

淀殿こと茶々姫については、小説でもドラマでも
今まで数え切れないほど描かれてきてますよね。
主役の時もあれば脇役として描かれる時もある。

役どころはだいたいは悪女に近いイメージが多くて、
高慢な姫君、あるいは不義の子・秀頼に天下を継がせようとする猛母だったりします。
まあ、これは江戸時代に徳川家が作り上げたイメージに影響されていたらしいですが。

最近では秀頼は秀吉の実子という説が有力になってきたようですが、
フィクションの世界ではまだまだ秀頼の実の父親は大きな謎のようです。

そのように謎も多く、イメージの掴みにくい女性なんですが、
この本で描かれている茶々は今まで描かれたことがないタイプに
分類できるかもしれません。
いってみれば、ごくごくふつうの女性なんです。


  1. 国内作家・あ行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「サイン会はいかが」

成風堂シリーズ3作目。
2作目は長編ということでパスして3作目を読みました。
やはり1作目に比べると無理やりなところが目立つような気がしますね。
一番感じたのは、「もっと言葉を使おう。言葉で伝えよう」ということかな。



このシリーズを読んで感じたことは、私は小説を読むことは好きだけど(ノンフィクションでもなんでも)
「本」そのものにはあまり興味がないのかもしれないということ(^―^;)
作家さん個人にもまったく興味ないしね(笑)

「取り寄せトラップ」
同じ本の取り寄せを4人の人物が依頼していたが、
入荷の案内を連絡すると、全員が依頼した覚えがないと断ってきた。

いかにもミステリー的な謎の提示。事件もミステリー的。
でも、もっと正当な解決方法を選んだ方がいいのではないかと思います。

取り寄せといえば町の本屋では、ほとんど頼んだ本が届かない。
その後、某書店の店長さんが、「どうせ取りに来ないから放っておけばいいよ」と
言っているのを聞いて届かないわけを納得。
今はネットがあるから便利になりました。ネット書店にも不満は多々ありますが・・・

「バイト金森くんの告白」
ふたりとも不器用と言ってしまえばそれまでだけど、
こういう自分の視点でしか物事を見られない人が増えたよね。
ちゃんと言葉も添えようね。

「サイン会はいかが?」
う~ん、この作家も友人も、どっちもどっちじゃないかと。
友人の方もストーカーまがいのことなんかしてないで、
ネットで反論して、作家の推理を論破してしまえばいいのにね。

「ヤギさんの忘れもの」
これはかわいいお話。解決したらちょっと笑ってしまった。


テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 国内作家・あ行
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

07  06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー