kigi's Book Diary

本の感想ブログ

「パパ、ママ、あたし」  カーリン・イェルハルドセン

ショーベリ警部シリーズ2作目。

この作品で起こる事件は独立したものだけど、
刑事たちが巻き込まれた事件は1作目から続いているので、
1作目の「お菓子の家」から読み始めることをお勧めします。


タイトルは、ちょっと意味がわかりにくいけど、原題は「Mamma,pappa,barn」で、
直訳は「ママ、パパ、子供」だそうです。

タイトル通り、メインテーマは親子の関係。
その関係が崩れた時に起こる悲劇のパターン。

子供が守られながら育つ場所であるべき家庭。
でも親が親の責任を果たせない人でなしだったら、
家庭こそが子どもにとって辛苦の場所になってしまう。

酒浸りの母、
育児放棄の母、
変質的性癖の父、
そんな親から逃げ出した子供は無防備なまま社会に放り出される。
そして彼らの無知や経験のなさを利用しようとする犯罪者が、
子供たちを待ち受けている。

シリーズ第1作の「お菓子の家」は
悲惨な話ではあっても動機などは特に珍しいものではなく、
その分、トリッキーなストーリー。

こちらは特別なトリックなどはなく事件の経過が描かれて、
小説的なテーマに重心が置かれている感じですね。
そしてこちらは被害者視点で描かれています。

刑事たち自身に関わる事件も進展というか、
より複雑になってきました。
しかしショーベリ警部の精神状態は大丈夫なのか~~??(゜o゜)

でも4歳って、自分の歳を言葉で言えると思うけど・・・
スポンサーサイト
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「お菓子の家」 カーリン・イェルハルドセン

スウェーデンの警察小説「ショーベリ警視シリーズ」の1作目。

まず、北欧ミステリーなのに、ものすごく読みやすいところに驚き。
今まで読んだ北欧ミステリーは取っつきにくい作品ばかりだったけど、
この作品はストーリーもキャラクターもすんなり頭に入ってきました。

タイトルはほのぼのしてますが、当然「ヘンゼルとグレーテル」を思い出すので、
優しい話ではないのはわかります。

予想通りに、冒頭はすさまじいいじめシーンから始まります。
さらにそれをやっているのが幼稚園児ということが衝撃。

そこから時は過ぎて、38年後。
いじめを受けていた子供の一人は孤独な大人になり、
ある日偶然、自分をいじめていた男と出会う。
そして男は死体となって発見される。



警察小説なので、主人公は事件関係者ではなくて刑事たち。
事件の捜査と刑事たちの私生活が同じレベルで描かれているので、
最初はそこがちょっと邪魔くさいかも(^_^;)

でも、なかなか個性的な面々なので、だんだん興味がわいてきます。
ただ、長々とした中東情勢の解説は必要なのかわからない。

全体のトリックや解決はごくふつう。
でも最後まで読むと、また最初から読み返したくなりました。
詳しくは↓のネタバレで。

それにしても凄まじいいじめ。
桶に顔を浸けて押さえつけたり、
縄でぐるぐる巻きにして道路の真ん中に転がして車に轢かせようとしたり、
これを大人がやったら犯罪組織でしょ。
こんなことを幼稚園児がやったことが信じられないし、
だいたいドライバーもすごい迷惑だし、社会問題になりそうな気がするけど。

ここからネタバレなので反転させてください。

トーマスのことが頭にあるから犯人の発言は男の言葉として読んでいたけど、
女と知ってから読むとちゃんと女性の言葉に読めますね。

被害者がみんな、犯人に警戒感を持っていないことが不思議だったけど、
44歳の美しい女性なら納得。

突然家に入ってきた見知らぬ人間とふつうに会話してるリーセロット、
人里離れた農場にひとりきり、雨の夜、びしょ濡れの見知らぬ人間を家に入れたカリーナ・アホネン、
とても不自然さを感じたけど、そういうことだったわけですね。
娼婦であったアン・クリスティンとの会話も、注意深く書かれてますね。

最後に、カタリーナがそこまでに登場した誰かかと思ったら違ってた。
一瞬、看護婦のマギットがカタリーナかと思ってたんだけど。
そこが推理小説との違いですね。


テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「ヴェサリウスの秘密」 ジョルディ・ヨブレギャット

スペインミステリーを読むのは人生はじめてかも。

16世紀の解剖学者アンドレアス・ヴェサリウスが書き残した精密な解剖図「人体構造論」。(ネットで見られます)
その「人体構造論」には未発表の第8巻があり、
そこには人体に関するある秘密が書き残されていた。



書籍に関する謎解きは大好きなので、紹介文を見てすぐ読んでみたのですが、
内容は実は冒険活劇でした。

舞台は1888年、万国博覧会を3週間後に控えたバルセロナ。
父親の葬儀のために帰郷した若き医学者ダニエル。
彼は地元紙の新聞記者から父親が実は殺されたのではないか、
そしてその死は最近バルセロナで起こった若い女性の連続バラバラ殺人事件に関係しているらしいと聞かされる。

万国博覧会開催の表と裏で、名誉と富、愛情など人の欲が絡み合ってドロドロ…
暗い石畳の街の深夜の追跡劇、あやしい娼婦街と黒幕の美女、
下水道に住みつく謎の集団、巨大迷路、暗号、男装の令嬢・・・
娯楽小説的要素をこれでもかというほど盛り込んだ大ロマン。

途中まで読み進むと、ある有名なゴシック小説を思いだしますが、
その他にもいろいろなゴシック小説が浮かんできました。

でもなにしろ元が解剖学の謎なので、バラバラ事件ばっかりで
そこが怖かった。
ただ19世紀ごろの大学の雰囲気は好きですけどね。

ラストで読後感がガラッと変わるところが面白かったです。

ネタバレだから反転させてください。
バラバラ殺人事件や狂気の医学実験などを次々に実践するマッドサイエンティスト。
その恐ろしい目的はなにか?と思ったら、
「愛する人を蘇らせたかった」とは。
まさかそんなメロドラマで終わるとは思わなかったので、意外性に驚いた。
冒険活劇が大メロドラマの印象になりました。

でもやっぱりフランケンシュタインを思い出しますね



テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「緑のカプセルの謎」 ジョン・ディクスン・カー

これも懐かしい作品です。
今回新訳が出たので30年ぶりくらいに読んだんですが、
こんなわかりやすい話だったかな?
謎も整理されているし、ヒントも充分書き込まれているし、
とても明解な謎解きミステリーでした。

カーは、解決が独善的だとか整合性がないという評価が多いけど、
もしかして翻訳が悪かったんでしょうか??

複数の人間が注目していて、撮影もされているという状況で起こった毒殺事件。
謎の提示も面白い。




目撃証言の信頼性を検証する実験はご存知の方も多いでしょう。
事件の映像を見せたり、あるいはその場で事件を再現し、
その後、その場にいた人たちの証言を集めると、一致しないことが多いという実験。

それを個人で実験しようとしたのがマーカス・チェズニー。
彼は自宅に身内や友人を集めて寸劇を見せ、
その後、用意した質問に答えさせることで、
人間の記憶のあいまいさを証明しようとした。

しかし、その寸劇の中で本当に自分が殺されてしまうんですね。
彼が毒を飲まされたシーンは複数の人間が目撃し、
さらに映像にも記録されていた。

映像が残っているというのは、かなりワクワクしますよね。

で、ここから犯人を割り出すことになるのはエリオット警部とフェル博士。

被害者となったマーカスが用意していた10の質問。
それを事件のあと、あらためて目撃者に問うのだけれど、
これが見事に食い違っている。
・机に箱があったか? あったならばどのようなものが?
・フランス窓から入ってきた人物の身長は?
など、質問自体にもひっかけがあって、これだけでもかなり面白い。

さらにその食い違いを映像で確認。
このあたりは検証はとても面白いんだけど、見ている人間がうるさかった。
「ほら私が正しい」「いや違う」って大騒ぎ。
小学生じゃないんだから(笑)

でも隣の部屋にいる人間の身長、6フィートと5フィート9インチは、
はっきり見分けられるものなんでしょうか。
ということで調べてみました。

ネットの換算表で見ると、6feetは182.88cm、5feet9inchは175.26cm。
マリノスならマルティノスと天野純くらいの差かな。
これならたしかに見分けられるかも。
代表でいうと、本田と香川の差くらいですね。

ちょっと話がそれましたけど、記憶していた内容よりかなり面白かったです。

続きはネタバレ反転↓
【 
終盤の銃撃事件は本当に単純な事故ということらしいので、
ちょっと余計な気がしましたね。

あと、読唇術のあたりはちょっと都合がよすぎました。


テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「火刑法廷」 ジョン・ディクスン・カー

200年前に処刑された毒殺魔にそっくりな女性。
壁に消える貴婦人。
納骨堂から消えた死体。

怪奇ロマンのように始まったストーリーが見事な伏線回収ですっきり解決、
と思いきや、さらに・・・
というお話。



結末に賛否がある作品ですが、論文じゃなくて小説ですからね。
謎があるのもまた楽しい。
読み終わった後にまた最初から読み返したくなるし、2度楽しめる作品です。

私がミステリーを読む楽しみは魅力的な謎。
パズルストーリーとして面白ければ、それで充分。
そういう意味ではベスト10には入る作品ですね。

中盤の登場人物たちの議論も
作品の中で登場人物が事件について議論する展開はかなり好きでして、
カー作品の魅力の一つだと思ってます。

新訳版


ちょっとネタバレ↓


オカルト的な謎が現実的に解明されるところはいいのですが、
「誰かに見られているような」は、実は警察が監視していた。
「消えた写真」は、本人が落としたことに気付かなかっただけ(笑)
「誰かに呼ばれているような」は、親切にも落し物を届けようとしてくれた人。
これは"オチ"なのか?(笑)


テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「キングの身代金」 エド・マクベイン

懐かしの87分署シリーズ。

黒沢明がこの作品から『天国と地獄』の発想を得たことで有名ですが、
内容はまったく違ってます。

こちらはいかにも昔のアメリカの警察ドラマ。
個性的な刑事と行き当たりばったりの犯罪者。
身代金受け渡しの緊張場面などはないです(^_^;)

でもまだ50・60年代は犯罪もけっこうのんびりしてるんですよね。

スティーブ・キャレラ刑事とかマイヤー・マイヤー刑事は有名かと思ったんですが、
検索してもあまりヒットしなかった。
過去のキャラになってしまったのかな。
テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「赤い右手」ジョエル・タウンズリー・ロジャーズ

わ~~びっくり。
これもミステリーなのね。
ある意味、盲点を突いたミステリーです。

意外な犯人、意外なラスト、騙しのテクニックも出尽くした感がありますが、
まだこの手が残っていたか。



98年「このミス」、海外2位。
タイトルは有名だけど、全集に入っている作品なので、
なかなか読む機会がなかったんですが、
14年に文庫版が出て入手しやすくなりました。

ただ、評価が最低から最高まで極端に分かれていて、
なかなか手が出なかったんですよね。

いろいろなところで話題になっていたので、ついに読んでみました。
結果は・・・
なんというか良くも悪くも評価通りだった(笑)

面白いという方の言っている意味もわかるし、
くだらないという方の言い分も正しい。
要するに読者を混乱させる文章で構成されている小説。

それを1つのトリックとしてみれば
トリックの死角をついた作品ということになるし、
意図されたものではないと考えれば、小説として支離滅裂という感想になる。

個々人のミステリーの定義や求めるもの、
さらには好みで変わることかもしれませんね。

読者が一番最初に感じる数々の疑問、不審、怪訝、懐疑、
それをそのまま放置して最後まで持っていく強引さはすごい。
でも、一応ちゃんと説明されてるんですよね・・・

以下はネタバレで

倒叙ものを書こうとして失敗した作品かと思った(^_^;)

そもそもまず不審に思うことは、「なぜハネムーンの途中で放浪者を車に乗せるのか?」
しかも死んだ猫を抱いてたボロボロの服を着た男なんですよ。
女性の連れがいたらスルーしますよね。

その他、
ギザギザ帽子はどこで手に入れたのか?
自動車整備業者はデクスター氏しかいないのか?
NYにはリドルという人しかいないのか?

だいたい真犯人なら「車を見ていない」と言い張ることはないと思うよね。
「通り過ぎて行った」と言った方が整合性があって疑われないんだから。

もういろいろ謎。


テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

「ユダの窓」カーター・ディクスン

密室トリックばかりが取りざたされる作品ですが、
内容は意外にも正統派の法廷ミステリー。
そしてさらに意外にもH・M卿が本職で見事な仕事ぶりを見せてます!



事件の概要はプロローグの14ページで説明されることのみ。

・ジェームズ・アンズウェルは恋人の父親ヒュームに電話をして、
結婚の承諾を得るためにヒューム邸を訪ねる約束をする。
アンズウェルは由緒ある家系の出身で資産家。
当然、ヒュームも娘の結婚に反対する理由はなく、快く招待。

・ところが翌日、アンズウェルがヒューム邸を訪ねると父親の態度は一変。
敵対心剥きだしでアンズウェルを糾弾する。
わずか1日の間にどのような状況の変化があったのか?

・なんの心当たりもなく当惑するアンズウェル。
ヒュームに勧められるままにウイスキーを飲み意識を失う。
気が付いたときには部屋のなかでヒュームが死んでいて密室状態だった。

・アンズウェルは逮捕されて裁判が始まる。

この苦境からアンズウェルを救えるのか?

そこで登場するのが被告を弁護するH・M卿。

単純だと思われていた事件にこんなに関係者がいたのかと、
驚くほど次々に出て来る証人。
彼らの証言から隠されていた事柄が徐々に明らかになる。

それにしてもヒューム氏や関係者は、いろいろ胡散臭いことが多すぎる。
このあたりの緊張感と、それを台無しにするH・M卿の発言が絶妙。

基本的なところで難点もありますが、裁判の過程は面白いです。

以下【】内はネタバレなので反転してください。


そもそも事件のきっかけになった「キャプテン」と「キャプロン」の聞き間違いってあり得るのかな?
かりに聞き違えたとしてもアンズウェルという姓が同じなんだから
もう1度確認すればいいのに。
だいたい相手の態度でもおかしいと思うはずじゃないのかな。
ちょっと短絡的ですね。

もうひとつ、
そんなに都合よく鍵穴を覗きこむものなのかと納得できなかったけど、
その後に読んだ海外ミステリー3作品で、登場人物がみんな鍵穴から
覗いていたので、鍵穴付ドア文化圏では日常の風景と知りました(笑)。


テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
  1. 海外ミステリー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

kigi

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブロとも申請フォーム

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

月別アーカイブ

06  05  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  02  01  07  06  04  03  02  02  08  07  04  03  01  12  10  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フリーエリア

Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー